空を見上げる

今日のような空を眺めていると、空では毎日、神々しい出来事が起きているに違いない。

遠い昔に天から投げ落とされたと聞く年老いた蛇は、今もって巧みな二枚舌で人をそそのかしつづけ、混乱のタネを撒いては悦に入る。

なので僕は出来る限り空を見上げることにする。

「地の戯言(ざれごと)は地に任すがよい」

天の教えは、人にも自然にもただ優しくあれと語る。

本当の生きる価値を大切な人と分かち合いたい。

ただそう願う。

岩雲は砂雲へ相は移ろう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする