夕空晴れて

晴れ上がる夕空。
素足で落ち葉の芝を踏んでみた。
これは秋と一体となるための試み。

掛け値のないものを
ただそこに在るだけで貴いものをこの身に修めたくて、
暮れなずむ時に佇む。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする