2021年エマ通信2月号(創刊150号)

「Stay home with coffee」

★「良質なコーヒーは心身を健康に保つ」

敢えて「良質な」という冠を付けました。
ご存知のように、コーヒーは「生鮮食品」です。
従ってその品質にはバラツキがかなりあります。
種類も缶コーヒーもあればインスタントコーヒーやコーヒー牛乳だってコーヒーです。
お店で飲むコーヒーにしても、
機械を使ったマシン仕立てのコーヒー、手点てで丁寧に淹れるコーヒー、ペーパーフィルターを使う、ネルドリップに拘る、サイホンで点てる。
最近ではアロマプレスなどというものもあり、抽出の手法にもバリエーションが増えてきました。
もちろんそれぞれ一長一短はありますが、どうせ飲むのであれば本当の意味での「良質な珈琲」を、そして「美味しい珈琲」を飲んで頂きたいと願っております。
「いい珈琲は、身体を健康にし、心を健全に保つ」と、
マスターは信じております。

★「コーヒーの健康効果」

実際、最近ではコーヒーの科学的検証が随分と進み、コーヒーが持つ健康効果がエビデンス(科学的根拠)とともに実証されてきています。
例えば、
・心臓病、脳卒中の予防
・大腸ガン、肝ガンの予防
・2型糖尿病の血糖値の改善
・肥満防止
これらは、コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールの働きであると考えられています。
中でも最もダイレクトなのが香りによるリラックス効果、すなわち気分転換作用です。
香りは、脳の中でも特に原脳(原始の脳)に直球で働きかける刺激なので、それだけに即効力が高いのです。

★さて、では「良質な珈琲とは?」何でしょうか。
マスターが考える4項目を挙げてみます。

1.良質な生豆(原料豆)が適正に焙煎されていること。
2.保管の状態が良く、賞味期限の守られた豆が使われていること。(冷暗所で密閉状態で保管された焙煎後最長でも1ヶ月以内の豆)
3.豆の粉砕(グラインド)が抽出の直前に行われること。
4.コーヒーに対する正しい知識と技術に基づくドリップが行われること。

1と2は、身近な所で自家焙煎のお店を見つけて、良質な珈琲豆を(出来れば豆のままで)手に入れて下さい。

3と4については、これから皆様にライフワークとしてチャレンジをしていただきたい項目です。
その為に手助けが必要であれば、わたくしエマコーヒーのマスターにお声掛け下さい(^^)
喜んで助太刀致しましょう!
美味しくて健康にも良い珈琲を飲んでいただく一助になるのであれば、私は光栄です^ ^

〓如月二月の笑間
「荒川明子さん作品展」
和装を愛し、子育てにも地域活動にも満身で奮闘する才女(しかも美女)。
昨年2月に引き続き2度目の個展です。
展示は2/14からの予定。

★2月10日(水)ありがとうの日
エマのお客様感謝デー。ささやかなお振る舞いをさせていただきます。

◎笑う門には笑間福来る^ ^

〜「笑間福珈琲頒布会」のご案内〜
毎月始めにお届けする笑間の珈琲豆頒布会です。
マスターがセレクトする珈琲豆を3種類(計500g)とママ手作りのお菓子をセットにして会員様に宅配便にてお届け致しております。
お値段は送料税込みで?3600-.です。
詳しくはマスターまでお尋ねください。

*2月1日(月)は、まことに勝手ながら臨時休業とさせていただきます。

?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする