閑話月夜

夕刻になるといつも入り日ばかりに気を取られていたマスターです。
今日は東の空に不意を突かれて、おったまげてしまいました。
「おお、月、デカっ!」。
マジで叫んでいました^^;
そのあとはもうずっと、南下する川に沿って月を愛でながらのライドとなりました。
生駒の山上にかかる朧月夜の、見渡す山の端は確かに霞が深かった。
それはそれは見惚れてしまいました。
マスターはお酒はからきしですが、好きな人と一献傾けるには最高の宵になると思いました。

今宵こそ 月を読めと 入り日さす


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする