潤う町

雨上がりに、路地裏の気配に誘われてふと歩みを向けると、春の芽吹きに驚かされた。
地面にも、石組みの隙間にも、軒先からも、草木の生育が旺盛だ。
これからますますひと雨ごとに春の讃歌は声高に、町を潤すことでしょう。
人もまた互いに潤い合えますように。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする