光あるうち

有名になろうとするな。
金持ちになろうとするな。
人がしがみついているものなんて、いつも危うくて脆い。
ただ実直に、己の信義を貫き、遮ニ無二生きてみよ。
コツコツと己の腕と心を磨くのだ。
そして人生の真の価値に至るのだ。
なぁに。有名も金持ちも成り行き。
神様から思わぬご褒美がいただけることだってあるだろう。
いずれ必要な時に必要なだけ天は添えて与わる。
まずは神の国と義とを求めよだ。
大切なことはいつも、動機と道筋。
光あるうち光のなかを駆け抜けろ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする