秋空

夏は岩雲 秋は砂雲

見上げるたびに様子の移ろう雲。

そんな掴みどころのない空の紋様にしばし心をあずける。

そんな時間を好むこの頃です。

先日の重陽、
都会の真ん中の少しだけ高いところから天と地を拝み見ながら、
奢らず、飾らず、責め立てず、才に溺れず、ありのままを尽くして……

今年も残り三分の一。
願わくば守拙に過ぎ越せますようにと、強く願った。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする