九年母ケーキ

エマのケーキは、ママの手作り。

もちろん、パティシエさんの創る宝石の様なスウィーツには敵いませんが、

その時々の旬の素材を使った
とてもとても素朴な焼き菓子です。

今回のケーキは、

「マスター実家の庭木のシーカーサーケーキ」です^ ^

「シーカーサー」。
和名では「ヒラミレモン」。

八重山では、9年で実がなることから、「九年母(クネンボ)」とも呼ばれます。

マスターの実家の庭のシーカーサーが、今年もたわわに実をつけてくれました^ ^
毎年、私の母がせっせっともぎ取り送り届けてくれます。

ビタミンやミネラルも豊富。
中でも「ノビレチン」という成分には、血糖値の上昇や高血圧の抑制だけでなく、抗認知症作用もあることから、近年ではその健康効果に注目が集まっています。

ですので、皮まで余す所なく(さすがに種は除きますが)食べていただけるよう、工夫しております(ママが)。

皆さまの健康と長寿並びに、ご多幸をお祈りしております^ ^

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする