処方箋としての珈琲

どうも、マスターです。

「珈琲で健康を取り戻す!」

近年、珈琲に関しての医薬的研究が進み、

その薬理効果が明らかになってきました。

結論から申しますと、

「珈琲は他に類をみないほどに優れた保健機能食品である!」

と断言します。

実際、珈琲に含まれる有効成分から医薬品も作られています。

例えば、

カフェインは、眠気、倦怠感の改善、癌治療の補助薬、

        喘息の坑炎症薬として。

ニコチン酸(注・たばことは一切関係ない)は、

      ペラグラ(ビタミンB3欠乏症)の予防、

      高脂血症治療。

といった具合です。

珈琲を通じて、実際に病気が予防できるのであれば、

家族も社会も国家も、こんな有り難いことはないわけで、

珈琲とは実は、「世界を救う!!」可能性を秘めた

ワンダフルでミラクルな飲み物なのです!

では、実際に珈琲で予防可能な病気とその信頼度について、

まとめてみました。

五つ星(その効果が検証済み)

   2型糖尿病、肝臓がん、アルコール性肝炎、パーキンソン病

三つ星(検証中だが大いに期待できる)

   肥満・メタボ、痛風、アルツハイマー病、大腸がん

二つ星(研究段階だが実験的傍証がある)

   高血圧、脳梗塞の再発、ウイルス感染、

   鎌形赤血球貧血、宿便

一つ星(効果はないが悪くもない。これまで珈琲が悪因とされてきたが

     関係ない)

   胃潰瘍、その他のがん

              参考図書:岡 希太郎著「コーヒーの処方箋」

さて、ではやみくもにどんな珈琲でも健康に良いのか?

といえば、注意が必要です。

珈琲は生鮮食品ですので、品質にはやはりこだわりを持つべきでしょう。

生豆の産地やグレード、焙煎の良し悪しと焙煎度合い、

鮮度、抽出方法等、

総合的視野に立てば、

やはり自家焙煎の珈琲専門店の珈琲がおすすめ。

ということになります。

これからは、処方箋としての珈琲を提供する

薬局屋を兼ねた珈琲屋が必要な時代になってきているのですね。

そういえば、エマのマスターは白衣を着ているなあ…

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする