5/18(土) 第40夜の歌夜会は、河島英五で

今週末の歌夜会は、『河島英五トリビュート』で
お送り致します。
そこで、英五さんのことを少し。

河島英五 (故人) さんとは、少なからずのご縁がありました。
主に、1990年代半ばの頃です。
マスターの学生時代の親友が、
英五さんのツアーバンドのメンバーだった事が機縁です。
当時マスターは、東京で独り暮らし。
その頃、たまたま東京某所のスタジオで
ニューアルバム「アコースティックベストセレクション」
のレコーディングをしていた英五さん。
そのレコーディングに参加していたこの親友が、
「遊びにおいで」と誘ってくれたことがきっかけで
英五さんと知り合う事が出来ました。
その時、レコーディングはもう終盤で、
急にコーラスが欲しいという話になって、
「君、手伝ってくれへんか」と
突然に英五さんから声を掛けて頂いて、
急遽マスターもレコーディングに参戦することになったのです。
振り返れば、この辺が英五さんらしいところで、
常に普段着の気さくな人柄の方でした。
いきなりのプロのスタジオでのレコーディングにもかかわらず、
臆面もなく調子良く参加したのが良かったのか、
「君、ええノリしてるなぁ」と気に入って頂いたようで、
以後、お付き合いが自然と深まっていきました。
(このアルバムの12曲目にマスター参加)

その当時の英五さんは、
丁度ご自身の音楽プロダクションを立ち上げようとしていた時期で、
一緒にプロダクションを盛り上げてくれる人材を探している時でもありました。
そんなタイミングでマスターと出会い、
白羽の矢を充てて頂き、
晴れて河島英五音楽事務所のスタッフとなったのでした。
仕事は主にマネージメントで、
コンサートの旅回りから、テレビ・ラジオ出演時の付き人、
マスコミへの営業、ファンクラブの運営、スケジュール管理等、
いろいろやらせて頂きました。

ちなみに、NHKの『みんなのうた』でかつて放映されていた
「魔法の絵の具」という曲は、マスターが手がけた仕事です。
また『自選集2』というアルバムの製作にも深く関わりました。

全国津々浦々、いろんな所に行かせて頂きました。
芸能人にも多々、お会いできました。
美味しいものもたくさん頂きました。
たくさんお勉強もさせて頂きました。
振り返れば、感謝の日々でした。

英五さん、ありがとうございました!

今回の歌夜会は、そんな昭和のフォークレジェンド
河島英五さんを偲んで、
英五さんの隠れた名曲の数々を歌いたいと思います。
皆さんのお越しを心待ちにしております。

5月18日(土) 歌夜会 第40夜
『河島英五トリビュート』
19時より
参加費は、ワンドリンク付き お一人様 1000円
アルコールもあります。

20130515-155050.jpg

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする