2016年エマ通信 お正月号 表記事

新年明けましておめでとうございます。

さて、エマも昨年11月に10周年を迎えて、
本年は創業11年目となります。
「10」は、帰一の数。
ですので、エマにとって今年は再始動の年であると心得ております。
そんなエマの新年正月は、
なんとテレビ出演から始まるという
幸先の良い幕開けとなりました。
番組は、関テレ(8ch)の人気番組、隣の人間国宝さんで
お馴染みの「よ〜いドン!」です。
今回のレポーターは円広志さん。

申し訳ないことに、これまでマスターは
一度もこの番組を見た事がないのですが、
お客様からは度々言われておりました。
「あんたとこも円(広志)、来たらええのになぁ」と。
振り返れば過去に2回、この番組からのオファーはあったのでした。
ただ、この番組は基本街ブラ番組なので、
最終的に取材に来るかどうかは
その日の成り行き次第ということがあって、
結局その時は、テレビクルーがエマのつい手前まで来ていたのに関わらず
出演には至りませんでした。
で、実は今回も事前に番組ディレクターがエマにやって来て、
もしかしたら来るかもしれませんのでその時はよろしく、
と言われました。
聞けば今回の街ブラエリアは、門真南とのこと。
ですのでマスターはすかさず申し上げました。
ここは門真南から全然遠いし別に無理して来なくてもいいですよ、と。
ですから何の期待も抱かずに普通に営業をしていたのですが、
夕方4時前位でしょうか、テレビカメラを担いだ一群が
何やら店の前をウロウロしているではあ〜りませんか。
なんやややこしいの来やがったな、と心の中で舌打ちするマスターなのでした。
そして、ドアを押し開けのっそりと入ってきたのが
円広志さんでした。
おもむろにカウンター席についての開口一番が、
「おー、落ち着くなぁ」でした。
そんな円さんにマスターの抱いた第一印象は、
「なんや疲れてはるなぁ、オーラないやん」^^;
(スタッフに聞けば前日にライブがあってその疲れが残っていたとのこと。)
そこから円さんとのやり取りが始まり、
なんと約60分、マスターとの絡みが続いたのでした。
そして最後言われました。
「ビデオテープ3本使てもうて、
君しゃべりすぎや!俺もう疲れたは!」。
そっちが一方的に押しかけといてそんなもん知るかいな!、
とは言いませんでしたが^^;
かなり濃度の濃い熱いバトルが繰り広げられたのでした。
最終的にどう編集されるのかはテレビ放映の段にならないと
分かりませんが、
でも、石垣牛の牛スジカレーをしっかりと取り上げて頂き、
番組の本番でもゲストの皆さんにお振る舞い出来たことは
何よりもでした(*^_^*)
ついでにマスターとエマのお客様との共作である
「道頓堀恋唄〜恋さんの唄」というオリジナルソングまでも披露出来たことは
予期せぬ幸運でした(*^_^*)
今回の放送でご地域の方々が面白がって下さり、
マスターの故郷石垣島の牛の関係者が誇りに思ってくれ、
恋唄の作詞をしてくれたゐちらうさんのモチベーションが
ますますアゲアゲになるのならば、
エマとしてもこんな仕合わせはございません。

今回10周年というタイミングでこのようなエポックな出来事が
巡り来たことに、有り難き仕合わせを感じております。

門真の寿(ことほ)ぐ喫茶店エマコーヒー。

今年は申年。
キャッキャキャッキャと軽快に飛び跳ねながら
心楽しくはしゃぎたいと思います。

本年も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

門真の寿(ことほ)ぐ喫茶店笑間 店主敬白

(null)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

秀 :

観ましたよ。テレビ!

コメントする