毎日がエマ記念日(夫婦記念日)

こんにちは
久しぶりに私、エマママブログです。

マスターが覚えてなくてもその日は、
渾身のお好み焼きを作り、二人で楽しく買い出しに行き
眠る前に好きな歌を歌ってもらった。
私たちの結婚記念日の2月28日。
マスターは今日のこの時点でもすっかり忘れている様子。
そして、覚えてる?今日は結婚記念日だよと言わなかったし、
私も途中抜け忘れたりで正直あまり意識していなかった。

「思い残すことのない人生」
これは、今年の私の指針であり、口ぐせにしようと思っている言葉。
そう思うと、この言葉を意識するあまり、記念日が希薄になっていたのかもしれない。

若かりし頃、伴侶がたびたび記念日を忘れることに真剣に怒ったりしていた自分を思い出して
ホント若かったなぁ可愛いかったとくすっと笑ってしまう。
このごろは、忘れた伴侶に後でどうからかおうかと忘れることを期待してくすっと笑っている。

それでいいし、逆に人間味があって心地よくおもえている。

毎日がスペシャル♪って歌があったけど
一緒にいることのしあわせをかみしめる毎日は
確実にマスターと思い残すことのない人生を一緒に歩んでいるという
出来事の積み重ねだと思う。
(これはスペシャル級のけんかも含めてのお話)

ちょうどこの記念日の前日に
「ママってパン作るんですか」
「作るよ!昔はよく作ってた。モンキーブレッドとかシナモンロールとか好きでね」
「食べたいなぁ」
「・・・。 
 パン作りは挫折しているから作る気おこるかなぁ。」
「食べてみたいなぁ」
「明日来るの?」
「わからないです。でも来たらパン食べれるかな」
などの何気ない会話。

で、翌日
来ても来なくても食べたいなぁって言ってたその言葉だけで
約束をしたわけじゃないけれど、久しぶりに手ごねから作ってみた。

そうしたら3時のおやつ時、そろそろ焼き上がりという段階でタイミングもピタっとそろって
焼きたてをみんなで食べた。
久しぶりのパン作り。出来上がりに納得できない私はあれこれ一生懸命言い訳していたけど
食べたいなぁって言ってた彼女は美味しそうにほおばりながら
美味しい。めっちゃ美味しいです。記憶に残るしあわせな味です。と言ってくれた。

あーーーーーーーーっ。
こんなに心伝わる言葉を言ってくれるなんて
これを記念日と言わずに何と言おう。

互いの名前の頭文字からつけたエマ。
そのエマでの素敵なひと時なのですから何よりの結婚記念日になったし、
これからは、結婚記念日より夫婦記念日というのがしっくりいくように思ったわけです。
「エマ記念日」
毎日ってわけにはいかなくとも
記念日のようだったねと言えるような心持でこのお店を営んでいきたいものです。

今朝もご飯を食べながら
昨夜観た映画の影響だと思うけど、限りない愛情と命という言葉が浮かんで
「限りない愛情というけれど、限りない命とは云わないのか、命は限りあるけれどそう云えるのかどう思う?」
と問いかけた。
すると、マスターはすぐさま
「命とは叩かれながらも一人で行く道、その向かうところが愛である」と答えてくれた。

味噌汁すすって、糠漬けポリポリの朝ごはんを食べながらのこんな会話がとても好き。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

さあ!今日から新しい3月がスタートします。
こんな私たち夫婦ですが
みなさま。今月も宜しくお願い致します。

でもさ
平成11年2月28日。関西人やし
いいふうふやーーーーっ!にしよって嬉々として入籍日を決めたんだったら
覚えておきなさいよーーーー!

ちゃんちゃん。

マスターの言い訳も一応聞いてあげよう   と思う。

(null)

(null)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする