美味しく食べる、楽しく食べる、愛して食べる。

家庭円満の秘訣は何?と問われたら、

マスターは迷わず「食事!」と答えます。
1日3回 × 365日 × 年齢。

人は飽くことなく食べ続けます。

こんなにおまんま食べて生かされ続けているのに、

何故に人は幸せになれないのか…>_<…

その答えは簡単。
「幸せを引き寄せる食事をしてこなかったから」。
家族が食卓を囲んで、

和気あいあいと、

美味しく、楽しく食事をする。

それさえ出来ればきっと、

幸福の方から走ってやって来る、

とマスターは考えるのです。
そのためにも、料理は真心を込めて作るべきです。

愛の実践と学びは料理から始まる、

と言っても過言ではないでしょう。

一番のご馳走は空腹だ、とはよく語られる事ですが、

心が尽くされた料理は美味しいだけでなく、

必ず健康にもなるのです。
料理とは、作り手の愛の作品。

決して労働だと思ってはいけません。

食事とは愛をいただくことであり、

家族で愛を分かち合うこと。

ですから、食事をいただく時は、

旦那さんは「美味しい!」と、絶叫すべきなのです。

男は黙って…、と言うのが絵になるのは、

健さんだけです^^;

旦那の「おいしい!」の大音声が、嫁の心を刺激します。

今日はちょっと手抜きしてしまったことを後悔させるでしょう^^

次はもっと工夫してみよう、もっとおいしくしてみせる、

とモチベーションをアップさせるのです^o^
食材は全てが「いのち」です。

お米のいのち、野菜のいのち、牛・豚・鶏のいのち。

食事とは、

私を生かす為に捧げられたいのちをいただくこと。

太陽、雨風、大地、微生物が、植物を育み、

動物がそれを食べて育ち、そして人間がいただく。

自然の恵みの結実をいただいて私は生きています。

ですから、先ず奥様は、

「心を尽くして、愛の味わいを高める為に料理を作る」。

そして旦那さん(家族)は、

「その愛を分かち合う為に美味しいと叫んでいただく」。

食事の極意は、「感謝して食べる」こと。

送り手と受け手の愛の送受信。

そんな食卓は、必ず福を引き寄せます。

家庭円満、家内安全、健康増進、所願成就、間違いなしです^o^
ですから、笑間に来てママの食事を食べられる人は幸い也、

汝ら天の祝福を授かりし者、なのです(^^)
ママの愛情料理は全て、あなたの薬となるでしょう。

身も心も大喜びすることでしょう。
それと同じ文脈で、マスターは杉田さんのお米を

評価するのです。

杉田さん、ありがとう(^o^)
(写真は、ママの賄い百選)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする