夏の終わりの雲のよう

さすがに照りつける日射しには辟易だが、

青空のキャンバスに描かれる雲の紋様は底抜けに美しい。

お年寄りが仰いました。

「もう夏の終わりの雲のようだ」、と。

 

地震、水攻め、火攻めと、

このところ立て続けに容赦なく自然が猛威を振るう。

それが人々への警告であろうと浄化であろうと、

僕たちは新しい種を蒔く。

僕は僕の命を燃やす。

例えばその燈(ともしび)が歌うことで灯せるのなら、懸命に歌う。

 

今日のマスターは、歌う珈琲焙煎士。

来年もまた必ず歌いに来てくださいと、

皆さんに見送って頂きました。

 

夏の終わりの和み雲

いずれ散り散り失せるとも

明日には明日の雲の歌

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする