哀愁のアイロン掛け

1990年代初頭。東京都内某所で一人暮らしをしていたことがありました。畳敷き6畳一間のボロアパート。

若かったあの頃。金もなし、時間もなし。自炊もこなし、掃除に洗濯。暮らしに追われる日々でした。

マスターが一番苦手としていたのが、アイロン掛け(^^;

これは不器用でした。

一応、ネクタイ締めてホワイトカラーを気取ったこともありますが、まぁアイロン掛けには手こずりました。

なので、ママのアイロン掛けを見ていると、お見事です^ ^

「当たり前やん。アイロン掛けやってもう50年以上やで。」

子供の頃からせっせっとやってたらしい。

筋金入りやん!

ママの手元にイオン水スプレー。吹きかけては今日もせっせっとシワ伸ばし。

わたる世間に恥じないように、母の心でシワ伸ばし。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする