Master's Voice

感無量の1日でした。
もう思い残すことはないって言うくらい。
エマコーヒーでの10年の歩みが
今日の1日で報われました。
実に多くの心ある仲間たちからの祝福に
言い知れぬ仕合わせを感じています。
笑間という空間は、
マスターとママにとっても喜びと感激を生み出す
ミラクルで貴重な場所です。
皆さん今日は本当に有難うございました。

夕空晴れて秋風吹く〜?

今日はお空も涙ぐましいほどの祝福空でした。

(null)

(null)

自家焙煎珈琲笑間(エマコーヒー)は、
今月11月10日で開業10周年となりました。
2005年に産声をあげて以来、
ご地域の皆様をはじめ、
多くの方々にお支えを頂いたおかげ様のこの10年の歩みでした。
先ずは日頃からの皆様の変わらぬご愛顧に心から御礼を申し上げます。
誠にありがとうございます。
これからも笑間は、「笑顔のあふれる時間、空間、仲間たちが集う店」として、
ご地域の小さな灯し火となれますよう尚一層精進して参ります。

さて、つい先日の土曜日の朝のこと。
昼に夕に何かとエマに立ち寄ってくださる超常連のお母さんが、
「あんたとこ週末の朝はいつもお客さんがいっぱいや思て
遠慮してたけど、今日はえらい静かやなぁ」とおっしゃいました。
「いえいえお母さん、いつもこんなもんですよ。
ちなみにお母さんが本日第一号のお客さんです(この時点で既に11時過ぎ)。
モーニングにお客さんが来ない(ゼロ)なんてこと、
ざらにありますよ」とマスター。
「あんたとこパンもコーヒーも美味しいのになぁ。
皆んな味わからんねやわ」。
「いやいや、お母さんありがとう。
でもうちのモーニング少し高いし(500円)、
今は会社も個人も生活を防衛するのに精一杯なとこあるからね。
外食の頻度も減ってるし、
コンビニ行ったら100円でそこそこのコーヒー飲めるし、
しゃあないとこあるわなぁ」などと云いつつ、少し肩を落としてしまいました。
いろいろ考えてはみるのです。
例えばエマのモーニングが半額位で食べられたらどうかとか。
その場合、こちらも商いなのでやはり減価率を考える訳です。
今このデフレの世の中、行くとこに行けば例えば食パンが
一斤80円程度で買えるわけです。
それを半分に切って厚切りトーストとして出す。
そこにこれも廉価なマーガリンを買ってきてそのパンにたっぷり塗って差し上げる。
ついでに10個100円程度の激安卵を茹でて、一個お付けする。
コーヒーだってやり方次第では水のようなお値段で出すことが出来ます。
今の世の中、工業と物流の恩恵を駆使すれば
旨い早い安いは案外お手軽に手に入るものです。
超ファストフードの時代。ありがたい時代ではありますが、
その周辺でやはり深刻な弊害(健康被害等)が生じているのも事実です。
「食」に携わる者として、
今そういう事態に目をつむる人と真摯に向き合う人との二極化が
進んでいる状況を目の当たりにしている次第です。
エマのモーニングで使うパンですが、
これは開店当初から変わらずずっと
知り合いのパン屋さんから仕入れています。
国産小麦で無添加のしっかりカビの食う素朴な丸パンです。
その丸パンを丸々一個半割りしてトーストして、
純正のバターを塗ります(マーガリン=トランス脂肪酸 は断じて使わない!)。
そこに純粋蜂蜜(国産もしくはアルゼンチン産のもの)をおかけします。
卵は、最低でもグレードが中程度のものです。
珈琲は、言わずと知れた自家焙煎です。
クズ豆は仕入れません。全て産地や農園指定のアラビカ種です。
豆はいつも平均して焙煎後一週間以内の鮮度です。
それをご注文を受けてから豆を挽き抽出します。
珈琲に付け合わすミルクは成分無調整の牛乳にしており、
決して植物性油脂という名のプラスチックなミルクは使いません。
おかげでエマのメニューは原価がちと高いのです。
その結果としてのエマの値段設定となっております。
ママもマスターも性格上、納得のいかないものはお出し出来ないのです。
そんなこんなで10周年。今日滅びるのではないかと
いつも怯えながらのエマさんですが^^;
これからも皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m

(null)

“Trick or Treat ?”とくれば何でしょう?
そうです、ハロウィンです^_^
仮装した子供たちが近所の家々を回って
「なんかエエモン呉れんと怖いことになるで〜」と
脅し回る世にも恐るべき西洋の行事ですね〜^_^;

脅し回るは言い過ぎましたがσ^_^;
日本でも「月見泥棒」なんて言う、
お月見の夜に家の玄関にお菓子を置いといて
子供たちがこっそり盗みに来る、そんな風習がありますなぁ。
洋の東西を問わず、時には戯れ事を世間が一体となって
遊びのうちに受け容れて、笑いと寛容の内に昇華して、
そして子供たちの成長を皆で見守り育んであげる。
地域社会としては、そんなことも案外大事。

ハロウィンは明日が本番。
わが町のこども英語教室 KAWA-ENGLISHさんが
明日のお昼、ハロウィンパレードを企画なさってます。
エマもお菓子を用意して思い思いに仮装した
子供たちを迎え撃ちます。
ナマハゲに扮したマスターが出刃包丁片手に睨みつけ
「わりぃごは いねぇ〜が〜!」と恫喝して
ガチで子供を泣かしてやりてぇ(≧∇≦)、衝動が…

はい、実はエマのマスターこの町の厄介者なんです^_^;

あっ、今日はハロウィンウィークと言うことで、
「カボチャのケーキ」です!

(null)

(null)

今日は、私達の恩師の先生よりのお誘いを受けて
会食のひと時を過ごして参りました。
「大切な人と切り盛りする小さなお店を築こう」と思い立ち、
その思いを形にする為に右往左往していた時期に(エマの黎明期)
ご縁を切り結ぶことの出来たお方であり、
陰に日向にいつも惜しみのない声援をおくって下さる、
私達夫婦にとってかけがえのない存在である、そんなお方。
もうかれこれ10年以上のお付き合いになります。
多忙な方のため滅多にはお会いできないのですが、
年に一度程度お会いしては、密度の濃い時間を共有します。
待ち焦がれて昼日向、出会って語り過ごして気がつけば夕間暮れ。
また次にお会いできますことを楽しみにしております。
今日も心地の良い秋空でした。

(null)

(null)

(null)

(null)

今日の日替わりケーキは、

「世にも美しい無花果の花ケーキ」です(*^^*)

イチヂクは、実の中に花が在るという
世にも珍しい植物です。
果肉中の紅いところはまさにお花。
昔は仙人の妙薬として
不老不死の力を持つと珍重されたそうです。

健康美容効果は保証付き(^^)
もちろんお味も保証付き*\(^o^)/*

(null)

(null)

★イベントのご案内
「エマコーヒー10周年記念イベント
若狭わっしょいWeek」

早くも、「若狭わっしょいWeek」が近づいて参りました。
11月6,7,8の三日間にわたるイベントですが、
メインイベントは、7日(土)の「杉田んぼ収穫祭」です。
参加ご希望の方に、下記要項にてお知らせ申し上げます。

☆11月7日(土) 「杉田んぼ収穫祭」
若狭の山の幸、海の幸をバーベキューでいただきます。
もちろんメインは杉田さんの新米!
食事の後は、こちらの旧家の大広間にて
歌にマジックにダンスなどのライブパフォーマンスを
お楽しみ頂きます。

現地まで車にて送迎致します。

〈スケジュール〉
朝9時 京阪西三荘駅前(パナソニック側)集合出発

12時 若狭山内集落到着
バーベキュー
ライブ

17時 帰路
19時半 西三荘帰着解散

〈参加費用〉
送迎費 3500円
バーベキューとライブ参加費 4000円
(ライブのみの参加は、1000円)
*小学生までのお子様は、送迎費2000円、
バーベキューとライブ費 3000円。

自力でお越し頂いても構いません。
その場合の参加費は、4000円です。
(ライブのみの参加は、1000円)

参加ご希望の方は、エマコーヒーまでご連絡下さい。

☆オプション(お泊まり)ツアーのご案内
7~8日の一泊二日のツアーとなります。
宿泊場所は、ライブを行うこちらのお屋敷となります。
但し、大部屋でのざこ寝となりますので寝袋をご持参下さい。
宿泊費は、お一人様500円です。

7日の収穫祭終了後、自由にくつろいで頂き、
夜の7時から、若狭のオムライスの名店
「和伊和伊亭」さんで夕食をいただきながら
E-MAnブラザースのライブをお楽しみいただきます。
参加費は、ミュージックチャージ1000円と飲食代となります。
その後は宿に帰って自由時間という呼び名の懇親会(^^)

8日は、お昼まで自由時間です。
この日マスターは、早朝(5時頃)より起き出して
我が珈琲の師匠、福井市の豆蔵さんまでお礼参りする予定です。
ご一緒したい方は是非どうぞ!

お昼の1時からは、南越前の歴史ある宿場町今庄の
旅籠カフェ「木の芽」さんにてのライブイベントです。
参加費は、2000円(ワンドリンク付き)です。

夕方4時頃、帰途につきます。
門真には7時頃帰着予定です。

・杉田んぼ収穫祭のみ参加
もしくは、
・オプションツアー参加
お好きなプランをお選びください。

詳細、及び参加のお申し込みはエマコーヒーまで。
電話 06-6901-5611
メール emacoffee@icloud.com

追伸
6日(金)は、
「鯖街道勝手にお礼参りランニング」です。
朝の6時に京都の出町柳をスタートして
若狭の須部神社(若狭恵比寿)様まで、距離にして65?を走ります。
道中は河内蓮根をバトンさながら握りしめて走り、
ゴールの神社様にご奉納致します。
こちらも伴走してくださる方あれば、大歓迎です!

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

「お前が悪い!」、
と言われて今朝は目が覚めました。
ドキッ!としてその心理的ショックで
お陰でとてもクリアな目覚めでした^^;
時計を見れば丁度6時。
あー、そうかと、
パートナーの振動(テンション)を下げるような
対応をした俺が悪いよなと、素直に思えました。
ホントそうだねゴメンナサイと、
素直に言えば良かっただけのこと。
それを言い訳から入るからだめなんだよね。

いつもどこにでもあるたわいの無いちょっとした諍い。
自分を庇うことをついつい先行させちまう心の癖。
先ずは素直に謝りなさい、なんて子供には教える癖に^^;

お陰で早起きできたので、
玄米で入荷した杉田さんの愛情米を
自転車漕いで川向こうの町まで精米に行ってきました。
ついでに心の糠、落としてきました(*^^*)

今日も一日、よろしくお願いします*\(^o^)/*

(null)

先日、若狭に向かう途中に立ち寄った朽木の道の駅で、
なんと紫芋が売られておりました!
ゴーヤーにしろ四角豆にしろ
近頃は、元来南国産のものをこちら内地でも
上手に育てていらっしゃるようで。
もちろん買って帰って、ケーキに致しました(^^)
この鮮やかなポリフェノールの青色!

「青は藍より出でて藍よりも青し」か。

ウチナーもうかうかしてられまへんな。

ということで、本日のケーキです(^^)

(null)

(null)

写真は、丁度半月前と昨日の空の比較。
同じ時刻、同じ場所、同じく秋晴れの暮れゆく空です。
夕闇が確実に濃度を増しております。
そして新しい方の写真には、
白くか細い三日月(見えにくいですが^^;)。
文字通り、新月を越えて丁度三日目の月。
来週半ばには上弦、そして25日(日)はいよいよ十三夜。

石垣島をふるさとに持つマスターにとって、
毎年十三夜の夜と言えば、「トゥバラーマ大会」です。
「トゥバラーマ」。
八重山古典民謡の至宝にしてラブソングの最高峰。
十三夜の月下、およその島民がひとところに集まって、
日頃鍛えた自慢の喉でトゥバラーマを朗々と歌い上げ
競い合うという祭事です。

美麗な月を観つつ、愛しい人の面影を偲ぶ。
そんなロマンチックな集まりが八重山にはあるのです。

ですから、月を仰げばいつも自然と湧き上がるフレーズ、
それがトゥバラーマ。

嗚呼、今宵も三線の音が門真の空にも響く。

(null)

(null)

木曜はエマの定休日。
お店のメンテナンスのあと、
少し遅めのブレックファースト。
休日はマスターが作ることが多いです。
どうせならばと、メニューの試作を兼ねて
一工夫します。
で、最近気に入っていて牛すじカレーの
付け合わせとしてもお出ししている
玉ねぎのマリネを具材に使ったピザトーストと
若さ梅の甘露煮入りのヨーグルト。
気分は、
若狭湾の海辺のペンションでのモーニングかな。
エーゲ海でもエーデ海^^;

(null)