Master's Voice

今日は、11月10日。
笑間珈琲創立11周年の日です(*^^*)
ちなみに今日は、
旧暦で言うと、10月11日。
今月の笑間通信でも書きましたが、
やはり「1 」数が付いて来ます。

皆様のご愛顧があっての11年。
感慨深く迎えております。
しかもマスターの故郷ここ石垣島で、
ママと二人きりで。

そんな特別な朝ですので、
今日の初日を二人して出迎えるべく
お気に入りの浜に降りて、
語らいながら迎えたお天道様。
清々しくも神神しい日輪を戴くことが出来ました(^^)
歌も歌い、祈りも捧げて私たちなりに厳粛に
新たな出発を期して参った次第です。
笑間を通じて出会えた心ある人々と
これからもお互いの本性を耕し合い、磨き合い、
共に人として成長を見守り祝福し合える
そんな関係を築いて行きたいと
思う次第です。
「花は香り、人は人柄」。
たとえ世界の動向がどう変わろうとも
笑間はいつものこの一杯の仕合わせを
目の前の人に精一杯お届けいたします。

imageimageimageimageimageimageimageimage

image

皆様こんにちは(^^)
今月10日で当店笑間コーヒーも
創業11年を迎えました。
ここ門真の地に根を下ろして、「11周年」!
これもひとえに皆様のご愛顧の賜物、
お陰様であると、感謝を噛み締めております。
本当にありがとうございますm(_ _)m

さて、
11月10日に11周年。しかもエマ通信は今月創刊101号。
11・10・11・101。なんと「1」が7つも並んでおります。
これは、地域ナンバーワン!、オンリーワン!、一等賞!
と言うことでしょうか?
それとも、そろそろ犬(ワンちゃん)でも飼えと言う暗示なのか^^;
ともかく、「1」という数には何か意味が潜んでいそうです。
かつてかのピタゴラスは、物申しました。
「万物の根源は数である(Number rules the universe)」と。
数学者や物理学者たちはひたすら数式を追いかけて
宇宙の根源的秘密を暴くことに生涯を費やします。
もちろんそんな究極の数式を解明する
能力も時間もマスターは持ち合わせておりませんが^^;
ただ、個々の数字には其々(それぞれ)、
「数理性」とも言うべき特有の根源的な意味が
内包されていると考えております。
「数理性」=「数字の持つ本来的な本質の意味」。
「数秘術」や「バカラ秘数」と呼ばれるものも、
そんな解釈に基づいているのかどうかは知りませんが、
兎に角、数というものはその属性として
物事を意味付ける性質を内包していると見るのです。
「数字は、意味を引き連れてやって来る」、と。
ですから、儀礼事は常に数に従って取り仕切られます。
神前にあっては、二礼二拍手一拝。
婚前にあっては、三三九度。
仏前にあっては、各種法要の期日等々。
これらの数字には一つ一つに厳粛な意味が
内包されています。
ちなみに、マスターの友人でもある、
世界の十指に入るディジュリドゥ奏者のSHIBATEN(シバテン)の
結婚記念日時は、11月11日11時11分11秒です。
それは、11という数が世界平和を表す数であると言う理由によります。

基本、数字というものは1〜9までの九文字とそれにゼロを
組み合わせて構成されています。
よって、先ずはこの1〜9までの其々の数の
基本的意味を押さえないといけませんが、
其れは端折って、
さて「1 」の意味とは?
これはもう実にシンプルです。
1は即ち、はじまりの数です。
大事なのは、これを「創まり」と書くことです。
天地創造の「創」です。
1数は元来、神を象徴する数です。
天地創造の理想構想、創造の目的、
それを具現化するにあたって投入された
神のエネルギーの全てがこの数には包括されています。
神のエネルギーの本質は、愛です。
愛を通じて喜びを得ようとする抑えきれない情的衝動。
それこそが創造の原動力です。
ですから、「1」は、存在の根源数であり、創造数となります。
先に述べたように、1は神の象徴数でもあります。
神の願いは、「愛と平和とお互いのリスペクト」です。
ちなみに、「11」は神の願い(愛と平和とリスペクト)を
託された人間一人一人の集合体を意味します。
故に、11数は世界平和の数という解釈が成り立ちます。
大事なのは、人皆全て神の願いを託された存在(私)である
という自覚です。
神という表現が腑に落ちない方は、
仏様でも大自然でもサムシンググレートでも何でも良いのですが、
人はどこか奥深いところから、
想われ慕われ願われ託された存在という思いが致します。

さて、エマコーヒーは11月10日で11周年。
そこには、10数も入っています。
10は、一巡りして元に帰る「帰一数」。
それは、笑間の第2期目のステージのまさに始まりを
見事に表しています。
これまで培ってきたエマのつながりを軸に
新たな建設を創めましょう。
天と我との愛の絆を心に留めて、
人と人との愛の絆を紡ぎましょう。
一杯のコーヒーから愛と平和を実現するのです。

エマコーヒーと関わって下さる全ての方の
健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます(^^)

死は、葬儀によって処理されて行く。
遺体を処理し、
遺品を処理し、
社会との関わり事を処理し、
霊魂を処理し、
そして同時に、
残された者の心をも処理して行く。

それは否応無しに
故人との決別を
残された者に
推し当てる。

故人との情愛の結びつきが
深ければ深いほど、
残された者の心の問題は尾を引く。

「喪の仕事」。

その仕事と向き合いながら、
日々を故人との対話で暮らす
そんな期間が人生には訪れる。

今日は、亡父の四十九日。

たぶん、此岸と彼岸の水の流れる深き谷間を
軽々飛び越へ父は往く。

渡るに渡れぬ川を前に、
一番辛いのは、きっと母。

そして息子は、考察する。
彼は、永遠不変唯一絶対の
男性性を宿す者として、
彼女は、永遠不変唯一絶対の
女性性を宿す者として、
両者の「結び」こそが
此岸と彼岸を埋める
霊界と肉界を統べる唯一無二の価値
ではないかと。

いずれは皆、ウシュマイ(オジイ)と
ンミー(オバア)となって、
子孫に仕合わせを振る舞う為に、
彼岸と此岸を往き来する。
あの世に行ってまでも夫婦仲良くが、
八重山の土着信仰アンガマの真髄であり、
それこそが永遠不変の真理ではなかろうか。

夫婦の愛無くしては、
命は始まらず、
血筋は続くことはない。

良い仏壇に有り難いお念仏、
お供え、高級なお香、それも良いだろう。
しかし魂は、
相対者の絶対的愛により
最も清らかに安らかに成仏する。

ふと空を見やると、
今日は冴えた空に満月。
秋の月。
天に昇るには絶好の日和。
間違いなく、
父は天に祝福されているのだ。

今夜は、秋の名月を眺めながら、
月に心寄り添わせて、
亡父を送り出します。
勿論、私の妻と心重ねて。

父が過ごした大阪の月。
父が生まれた八重山の月。
南無。合掌。

imageimageimage

杉田んぼ「エマ田プロジェクト」、
若狭わっしょい米。

山の湧き水で育った無農薬の清浄なお米です。

若狭のお米農家杉田さんとのご縁があって
実現した私たちのオリジナル米。

苗代作りから始まって、
田植え、草引き、施肥(有機肥料)、
そして稲刈り。

我々が関わり合える時間がどうしても限られる中、
全面的にサポートをしてくれたのが、
杉田さんでした。
いつも笑顔で私たちを迎えて下さり、
ご指導をいただきました。
本当に頭が下がります。
ありがとうございましたm(_ _)m

いざ収穫し、炊飯し、いただいたこの新米ですが、
甘みがあって瑞々しくって、
満点のお味でした。
幾分手前味噌なところもありますが、
マスターは大満足です^o^

数量限定で皆様にも販売をしております。
実際に食べた方からも最高の評価を頂いております。

あともう少し販売分が残っております。
ご入用の方はお申し付け下さいませ。
image

image

今日はコーヒーフェスティバル。
中崎町ホールでお待ちしております^o^image

image

明日10/1(土)は、「コーヒーの日」。
そして待ちかねた
「Japan Coffee Fesitival 」の開催日!
中崎町ホール(大阪市北区中崎西1-6-8)を会場に
10時〜19時まで行われます。
当日券は800円、前売券は600円。
前売券は笑間でも取り扱っております!
マルシェ、ライブ、落語、大道芸、
楽しい出し物も盛りだくさんです(^^)

さて、当日笑間珈琲がお出しする
「コーヒーの日に出したいコーヒー」は何か、
を二人で考えた結果、

『ブルンジ レッドブルボン FWAA』

と致しました。

「中央アフリカ内陸部に位置し、
ルワンダ、コンゴ、タンザニアと
国境を接するブルンジ共和国。
就業人口の実に9割が珈琲生産に関わり
外貨の殆どを珈琲に頼る国。
それでいて、
世界で最も貧しい国の一つ。
国民総幸福量178カ国中最下位という現実。
内戦、殺戮、飢餓、難民、犯罪多発…。
この国は、世界のあらゆる不幸の縮図のような国。

コーヒーの日である一日(いちじつ)、
この珈琲豆を選び
僕は心を込めて淹れる。」

A cup of happiness for world!

image

image

image

image

少し気怠く眠気の抜け切らない朝なのは、
秋雨(あきさめ)による湿気と季節の変わり目のせいでしょうか。

身体が起きやらぬ蕭雨(しょうう)の朝は、
窓越し移ろう虚空を
うつらうつらと眺めてくらす。

寝ても寝てもまだ寝足りないそんな日は、
日がな一日眠り続けるのが一番自然なこと。
睡眠と栄養補給で心と身体のずれを補正する。

心虚しくして余計な事は考え過ぎないようにする。
そこが肝要。

そんな大袈裟に構えることもないが、
生命力とは、本来旺盛なもの。

「捲土重来(けんどちょうらい)」。
風に逆巻く土煙り。

私は、
例え滅ぼされても滅びない。
決して負かされても負けない。
時折り、休息が必要なだけだ。

直ぐにまた起き上がる。
そして自分に言い聞かせる。

心で闘え。
心で立ち向かえ。
心で生きろ。

そんな事をかつて英五さんに教わったような気がする。

image

美味礼賛!

僕にとって我が家の食卓ほど
美味なるものはない。

それはきっと、食卓に配膳されるまでの
行程の故だろう。

別段豪勢なものがあるわけではないのだが、
その時々の素材がその時々の手間を経て
調理され、食卓に上る。

この、妻の手仕事。

そして僕は今日も
季節の滋味を味わい嚙みしめる。

この日常に優る食卓はなく、
今日も我が家の美食を堪能する。

image

誰が言ったか知らないが、
53歳は、
大人の七五三(7・53ね)だ!
人生まだまだこれからが旬なのだ!

53歳のおっさん二人、
心尽しの歓待を受けて
昨夜は愉しくはしゃぎました。
本当にありがたいことです。
これからも、老後までもよろしくお願いします^o^

次の七五三は、75歳だな^o^

とは言え、夜更かしはきつい>_< imageimageimageimage

どうやら長雨になりそうな気配の連休ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
雨の日には雨の嗜(たしな)み。
本を片手に喫茶店で憩うも良し。
珈琲のアロマが心を誘(いざな)い
気がつけばきっとあなたは楽しき言葉の旅人に、
なっているかも^^;

本日は、安納芋のケーキがございます。
すっかり秋の味覚にございます。
少しビターな珈琲があうでしょうか。
imageimage

笑間珈琲PV

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

笑間の通販