Master's Voice

エマコーヒーの大立役者、焙煎機。
通常はもちろん、
もっぱら珈琲豆を焼いてますが、
時折り応用編として
トウモロコシを焙煎しています。
ノンオイルで綺麗に爆烈してくれます。
よく、珈琲の風味がついてはしまわないのですか?
と聞かれます。
はい、まったくつきません。
ママお手製の蜂蜜キャラメルを絡めて、
家内制手工業で袋詰めし、
可愛らしくラッピングしました。
嫌味のまったくない
ナチュラリースナック。
笑間の自家焙煎ポップコーンです(^^)

(null)

(null)

新年も早くも一週間を過ぎました。
仕事も始まり、
七草粥もいただき終えて、
普段通りの日常が戻りつつある頃でしょうか。

年明け早々、テレビ放映から始まったエマさんですが、
テレビの影響もさほどあるわけで無く
いつも通りの静かで長閑な店内です。

カレーが美味しいとか、マスターが歌うとか、
ママが美しいとか(円広志談)。
しかし、笑間は基本、自家焙煎の珈琲店です。
本年も愛用の直火式1キロ釜焙煎機で
少量愛情焙煎を心がけております。

珈琲は、生鮮食品。
吟味したアラビカ種の生豆を仕入れ、焙煎し、
焼きたて、
挽きたて、
淹れたての
カラダに優しい美味しい珈琲を
ご提供致します。

あらためまして、
皆様、本年もよろしくお願い致しますm(__)m

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

お正月のお節料理。
近頃は、それぞれのお家の事情で
随分と様変わりしてきているようです。
いろんなグレードはあるにせよ、
或いは、時代と共に様変わりすれど、
やはりお正月の食卓にはお節が不可欠、
とマスターは考えます。
うちは、ママがまめまめしく手作りをしてくれます。
どれも優しい味付けで美味しく頂いております。

中でも、この黒豆は絶品です。
豆の色艶、食感、味わい、
全てにおいて一級品だとマスターは思います。
黒豆は苦手(ほぼ無理)というニコちゃんが、
この黒豆なら食べれる!と絶賛してくれました。

そこで新年一発目のケーキは、
この黒豆とお抹茶を併せた
「黒豆抹茶の寿(ことほ)ぎケーキ」です(^^)
お節の後に最高の逸品です*\(^o^)/*

(null)

(null)

2016年。
朝まだきの朝より淀川の堤に立ち、
歳の初日を浴びる。

今年は、完全完璧な日の出。
対の空には白い月。

多幸寿(ことほ)ぐ神のみ声を
しっかり聴きとりました*\(^o^)/*
絶対良い年になることを確信しております。
皆様の健康とご多幸含め、
祈念いたしました(^^)

本年もよろしくお願い致しますm(__)m

笑間珈琲 店主

(null)

(null)

(null)

もうすでに一昨日のこととなりました。
門真の小さな町企画
「エマコーヒーオールスターズ大音楽祭」、
大盛況御礼申し上げますm(__)m
ご出演頂きました皆様、
出店にご協力頂いたお店様、
また二つ返事でお手伝いを引き受けて下さった
お友達の皆さん、
本当にありがとうございました。
そして、成り行き任せの気まぐれマイペースのマスターに
今回も忍耐強くついて来てくれたママにも
心からの感謝を申し上げます。

お天気にも恵まれて
素敵なお客様にも囲まれて、
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

この小さな町企画・かどまっちフェスタ、
これからもえっちらおっちらと
気負わずゆる〜く続けて参りますので、
皆様方の末長いご支援をよろしくお願いします(^^)

先ずは御礼までm(__)m

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

明日26日(土)は、
門真の小さな町企画・かどまっちフェスタ第三弾。
「笑間オールスターズ大音楽祭」、いよいよ本番です。
会場の西小路自治会館にて
皆様のお越しをお待ちしております(^^)

☆河内蓮根、京野菜、若狭の新鮮野菜の朝市

☆居酒屋ダイニング ふぅ さんのブース
(おでん、おむすび、揚げ物)

☆エマコーヒーは、
コーヒー等のお飲み物と手作りの蜂蜜ポップコーン、
ドスコイ牡丹餅

☆癒しのコーナーでは、
誠屋(まごころや)さんのワンコインマッサージ
京都ふ和りさんのハーバルボールマッサージ

☆若狭の物産ブースでは、
すぎ田んぼの杉田さんが参戦

☆エマの友好店、敦賀のキトテノワさんの
焼き菓子の特別出店もあります

よろしくお願い致します(^^)

今朝杉田さんから明日の牡丹餅で使う
杉田さんのもち米が届きました。
箱を開けるとなんと、
素敵なクリスマスのプレゼントとメッセージが(*^_^*)

merryChristmas to you and to all!

(null)

(null)

(null)

(null)

本日のミッション無事に終了。
関テレに乗り込み、
「よ〜い、ドン!」の番組内で
石垣牛の牛スジカレーを提供して参りました。

VTRも面白おかしく上手に編集されていましたし、
放送が新年一発目の1/4(月)とあって
スタジオのセットもお正月色満載で、
エマのお店もカレーもとても好意的に
ご紹介頂きました(^^)

皆さん、放送を楽しみにしていて下さいね〜^o^

一仕事終えて、遅遅のお夜食。
力が湧くぜい*\(^o^)/*

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

音楽での自己表現に明け暮れ始めて
振り返れば40年を超えたでしょうか。
最初は単に自分の楽しみごととして始まった音楽でした。
テレビからラジオから、はたまた親父の鼻唄から、
身近な所で耳にしたメロディを手にした楽器で
たどたどしくなぞる程度のことでしたが、
必死になって耳コピーしていました。
マスターの場合、小学六年生の時、
近所に住んでた草野球チームの監督さんが
エレキギターでベンチャーズを教えてくれたことを
きっかけに、ますます音楽に没頭することとなります。
そしてその内に、
自分が楽しむだけの音楽から
人を楽しませる為の音楽へと、
音楽には方向性があることに気付き始めました。
勿論、音楽に限らず珈琲道含めて、
この世の凡ゆる事柄は常に
「対人(たいひと)と「対自分」と云う双方向の中で
いかに心地良いバランスを取れるようになるか、
そこに極意があるように思われます。

プレイヤー(演者)の醍醐味は、オーディエンス(聞き手)との
一体感に尽きます。
情感の共有。
マスターは思うのですが、
「私の楽しみごとに他人を如何に惹き込めるか」、
もしくは、
「己の自己陶酔に如何にして他人を巻き込むか」、
そこの勘所が肝(きも)であると。
ただ、それはとてつもなく難しいこと。
その為には、その巻き込む相手を
最大限に思いやり気づかい
相手の立場に立ち切ることが必須となるし、
同時に常に自分のスキルに磨きをかけ、
そのスキルを保ち続けないといけないし、
何よりも自分がいつも楽しめてないといけない。

届け手と聞き手の双方が楽しめる場を如何に創り得るのか。

それがエンターテイメントとしての音楽。
そして、そんな偉そうなことを言い放つ
マスターの演奏スタイルは、「成り行き」です^^;
練習する時間が取れないからでもあるのですが、
この頃はいつもぶっつけ本番。
なので、かなり自分なり度合いが高い^^;

でも、このスタイルの醍醐味は、
いい感じに崩し技をキメる、ことでしょうか^^;
一番大切なことは、
その曲の核のところで見え隠れするメッセージ(コンセプト)を
ええ感じで伝えられるかどうか。
もっと自分に腕(スキル)があればとは、しばしば思いますが、
下手は下手なりに味わいという部分で
説得力を持たせ得るのも音楽。
音楽とは、フトコロ深きありがたきものです。
南〜無〜m(_ _)m

この後も音楽との旅路は末長く続くことでしょう。
より良質の音楽を創り上げる為には、
私の美意識を常にブラッシュアップし続けること。
故に、表現者は究極、愛の人に成りなさいと、
殊勝なことを思うマスターです(^^)

さて、本年最後のイベントは、
「笑間オールスターズ大音楽祭」です。
今年の春に開催した、
門真の小さな町企画・かどまっちフェスタの
第三弾として取り行います。
西小路自治会館を会場に、
エマと所縁のある音楽愛好家の皆さんに多数ご出演頂きます。

コーヒーや焼き菓子、おにぎりやおでん等の
飲食コーナーや
若狭の物産コーナー、
リラクゼーションマッサージのブース、
お野菜(若狭の野菜、京野菜、河内蓮根)の朝市コーナーも
あります。

日時は、12/26(土) 10時〜16時。
入場は無料。
ただし、音楽ライブは投げ銭制とさせて頂きます。
出演者の皆さんは手弁当での参加です。
お帰りの際にお気持ちだけ(お花代)応援して頂ければ
嬉しゅうございますm(_ _)m

門真のゆるキャラアイドル、蓮ちゃんも応援に駆けつけてくれます!
皆様のご参加を心待ちにしております*\(^o^)/*

☆☆☆特報!☆☆☆
エマがテレビで紹介されます。
関テレの名物番組「よ〜いドン!」です。
レポーターは、円広志さん。
放送は、新春初っ端の 1/4(月) です。
こちらもお楽しみに〜(*^◯^*)

(null)

(null)

昨晩こさえた牡丹餅。
手作り餡子があるので
うちのブールパンに
バターと一緒に乗せてみました。
なんと相性の良いこと!

今日のモーニングは
あずきトーストが出来ます(^^)

(null)

(null)

12/26のかどまっちフェスタ第三弾の時に
手作りの牡丹餅を出そうと、
只今試作中です。
もち米は杉田んぼの杉田米。
小豆は北海道産のものを
ママが煮炊いて仕上げた手作りの餡子。

試食しましたが、
とてつもなく美味しい!
明日、お早い方順でご試食して頂けますが、
もちろん数には限りがございます^^;

(null)