Master's Voice

本日、7/3(日)は、
「第三回大阪珈琲フェスティバル」
参加の為、
午後1時閉店とさせて頂きます。

大阪珈琲フェスティバルで
お会いいたしましょう!

笑間店主敬白m(__)m

image

image

imageimage

image

家庭円満の秘訣は何?と問われたら、
マスターは迷わず「食事!」と答えます。

1日3回 × 365日 × 年齢。
人は飽くことなく食べ続けます。
こんなに食べて生かされ続けているのに、
何故に人は幸せになれないのか…>_<… その答えは簡単。 「幸せを引き寄せる食事をしてこなかったから」。 家族が食卓を囲んで、 和気あいあいと、 美味しく、楽しく食事をする。 それさえ出来ればきっと、 幸福の方から駆け足でやって来る、 とマスターは考えるのです。 そのためにも、料理は真心を込めて作るべきです。 愛の実践と学びは料理から始まる、 と言っても過言ではないでしょう。 一番のご馳走は空腹だ、とはよく語られる事ですが、 心が尽くされた料理は美味しいだけでなく、 必ず健康にもなるのです。 料理とは、作り手の愛の作品。 決して労働だと思ってはいけません。 食事とは愛をいただくことであり、 家族で愛を分かち合うこと。 ですから、食事をいただく時は、 旦那さんは「美味しい!」と、絶叫すべきなのです。 男は黙って…、と言うのが絵になるのは、 高倉 健さんだけです^^; 旦那さんの「おいしい!」の大音声が、お嫁さんの心を刺激します。 今日はちょっと手抜きしてしまったことを後悔させるでしょう^^ 次はもっと工夫してみよう、もっとおいしくしてみせる、 とモチベーションをアップさせるのです。 食材は全てが「いのち」です。 お米のいのち、野菜のいのち、牛・豚・鶏・お魚さんのいのち。 食事とは、 私を生かす為に捧げられた「命」をいただくこと。 太陽、雨風、大地、微生物が、植物を育み、 動物がそれを食べて育ち、そして人間がいただく。 自然の恵みの結実をいただいて私は生きています。 ですから、先ず奥様は、 「心を尽くして、愛の味わいを高める為に料理を作る」。 そして旦那さん(家族)は、 「その愛を分かち合う為に美味しいと叫んでいただく」。 食事の極意は、「感謝して食べる」こと。 送り手と受け手の愛の送受信。 そんな食卓は、必ず福を引き寄せます。 家庭円満、家内安全、健康増進、所願成就、間違いなしです^o^ ですから、笑間に来てママの手料理を食べられる人は幸い也、 汝ら天の祝福を受けし者、なのであります(^^) 母の愛情料理は全て、あなたの薬となるでしょう。 身も心も大喜びすることでしょう。 それと同じ文脈で、マスターは杉田さんの栽培するお米を 最大限に評価するのです。 心が尽くされていることを良く知っているから 安心して口に運べるのです。 さて、今年で3回目となる「杉田んぼ豊年祈願音楽祭」 を行います。 杉田さんの田んぼに行き交い住まう 鳥や獣や虫や微生物といった ありとあらゆる生きとし生ける田んぼの住人達に向けて 感謝を捧げ、そして豊年を祈願する、 それがこの祭りの変わらぬコンセプトです。 ですので、ギャラリー(お客様)は、 人以外の生き物たちです。 聞きたい「人」は、杉田さんの田んぼに どうぞ勝手にご参集下さいませ。 今年は7月7日(木)、七夕の日に行います。 共に演奏を奉納されたい方、 共にその場に居合わせたい方、 おられましたら笑間までご連絡下さい。 杉田さん、心尽くしのお米をありがとう(^o^) 追記 初年度(2014,7,31)の豊年祈願祭の模様を YouTubeでご覧頂けます。 https://youtu.be/Zz4ULXO8GSE

image

時間の経過とは凄いものです^^;
いきなり何かと言うと、
これまでずっと笑間建屋の視界を遮っていた
隣の古い木造家屋が、先週土曜日とうとう
跡形もなく消え失せてしまったのです。
それこそ、100年近くもそこに在り続けた家屋でした。
この1年ほどはずっと空き家になっていたものが、
今月に入っていきなり解体作業が始まったのです。
そして今現在、この場所は更地となり、
笑間は通りから丸見え状態です。
なんだかちょっと恥ずかしい^^;
でも、視界良好!風通し最高!
これで、日本一見つけにくい店から脱却だ(^^)
いっその事、壁一面に壁画を描いて
もっと目立ってやろうかい(^o^)
さて、どうする?
こうして町並みは徐々に姿を変えて行くのであった。

昨日は、トンボ帰りでまさかの東京出張。

場所は、永田町の海運クラブ。

海洋レジャー関係のとある会社の

株主総会後の交流会で歌のオファー。

珈琲は淹れてない^^;

海をテーマにした曲を中心に選曲。
行きの新幹線車中で

うつらうつらしながら海のことを

考えていたら、突然思索を得る。

「海は、波打ちながらも常に

波間を水平に保とうとする。
空気は、真空の裂け目に向かって

一挙になだれ込む。
日の光は、あらゆる地を

絶えず照らし続ける。
自然は、常に満たし合おうとする。

不足が生じたならそこを補うために

全力であらゆる力を動員するのだ。
本来、人もそういうもの。
母は稚児に母乳という尊い血を与える。
父は母の母乳のために心血を注いで

汗を持って働く。
そして子らは育ち、

満たし合うという自然の原則を倣いながら

地に満ちていく。
本来、自然の摂理には

所有や国境など存在しない。
進化論やら社会学やら神学やら、

人間の大仰な学問の事は、よくは知らない。

ただ僕が信じていることは、

絶対的愛の基準で男女が水平に向き合う時、

そこに神の愛が垂直に降りてきて

全てを満たすという真理。
僕にとっては、

国家や世界の経済やら

生きて行く上での肩書きなどは

その実どうでも良くて、
降り注ぐ日の光と

水の流れる大地さえあれば、

生きていけるのだ。
その場所に、絶対的に愛するパートナーと

愛する仲間達がいてくれさえすれば、

私の人生に悔いはない。
互いに満たし合えますように、

人としての愛の鍛錬を疎かに

してはならない。」
この日、家に帰り着いた時には

暦が変わる。

途中連絡が途絶えて(携帯がデッド)

いらぬ心配をかけた奥様を抱きしめた。


昨日まで蕾だった南洋の花、
月桃(げっとう)が、
笑間の玄関で今朝、開花いたしました。
マスターの生まれ島石垣では、
月桃のことをサンニンと呼びます。

沖縄では、サンニンの葉で餅をくるんだり
(抗菌効果が素晴らしい)、
お茶(鎮痛、リラックス効果が高い)
にしたりします。
最近では、化粧水(老化防止)が作られたり、
紙に漉かれたり、
とにかく有効成分(ポリフェノール等)が半端なく
含まれているそうです。

ここ大阪でもちゃんと越冬して毎年花を咲かせます。
それだけ地球が熱帯化している証かもしれませんね。

短命の花ですが、しばらく楽しみます(^^)

imageimage

image今月のエマのメインイベント、
「若狭梅狩りツアー」を
昨日無事に終えて来ました。
大阪、京都、若狭、敦賀から
総勢で50名程が集う賑やかな催しとなりました。
雨が降りしきる中の出発でしたが、
大雨にたたられることもなく、
後半は雨も上がってまずまずの日和となりました。

ご参加下さいました皆様に心温かく触れ合って頂きまして、
主催者としては嬉しい限りでした。
いつもながら、いろんなこちらの不足、不手際を補って頂きました。
本当にありがとうございました(≧∇≦)

梅美林保全活動はこれからも続きますので、
今後とも何卒よろしくお願いいたします^_^

Shibatennさん、谷くん、やっさん、
ハッピーマン(河島仏語)さん、邦さん。
素敵な音楽をありがとうございました!

田辺さん、永山さん、阿部君、
運転ありがとうございました!

現地のあらゆる手配に奔走して下さった杉田さん、
本当にいつもありがとうございます!

若狭わっしょいプロジェクトはこれからも続きます。
次もまた皆さんのご参加を心待ちにしております(^o^)

そしてママ様。
美味しい料理と微に入る気遣い、
陰に日向に支えて下さって
ありがとうございました(*^^*)

最後に、こんなにも素敵な梅美林を遺して下さった
亡き大久保のお父様に心より感謝申し上げますm(_ _)m

この一粒の恵みを来年も再び
皆様と分かち合いたいと心より願うものです(^^)

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

image

image

今日はいきなりのお誕生日会(^^)
こういう事が、笑間には多いのですが、
出会い、交流を深め、心を通わせ、
離れてもなお湧き上がる懐かしい情。
年に何度も会うわけではありませんが、
尊い絆をまた確かめ合えるひと時は
とても嬉しいものです(*^^*)
たとえお誕生日でなくとも
お祝いしてあげたい!

そういう絆を紡ぎ合える人生に感謝。

image

image

古川橋の商店街の一角で
安全安心をモットーに
一切無添加の麺を毎朝製造し続けて
半世紀 (創業は昭和42年!)。

ご地域の信頼度ナンバーワンのお店、
「若狭や製麺所」さん。

鮮度が良いこと、
技術が高いこともさることながら、
食に対する真摯さとひたむきさ、
そして何よりおかみさんの笑顔がよろしいのです(^^)

その結果としての美味しさなので、
これはもう納得の味と品質に
ならざるを得ないのですねぇ!

マスターは、とてもリスペクトをしております(*^^*)

そんな敬愛する若狭やさんのおかみさんが、
先日、若狭梅を買いにわざわざ笑間にお立ち寄り下さいました(^^)
その折に手土産で頂いたのが、生パスタ麺。
なんでも、「パスタを超えるパスタ麺なのです!」
と言う心意気に心打たれたのですが、

そんな極上パスタ麺で
ママにスパゲッチィを作ってもらいました。

ホワイトソースベースの
マッシュルームとハムのパスタです。

驚愕の美味しさでした!
ママの味付けもさることながら、
これはもう、パスタ麺の完全勝利宣言です!
この麺は素晴らしい!

たまたまタイミング良くいらっしゃった
お客様にもお裾分け。

共に感動の渦巻き貝となりました(≧∇≦)

門真市垣内町8-1
若狭や製麺所さんを
勝手にカドマイスターに認定いたします*\(^o^)/*

image

image

今年は紫陽花の色づきが
いつになく美しく感じられます。

雨の月曜日となりましたが、
今週も達者に過ごしたいと思います(^^)

喫茶店とは、
出会いの場であり、
交流の場であり、
新しい出来事を紡ぐ場所。

それが、私のお仕事です。

日本を代表する梅の名産地、福井県若狭。

梅雨入りした今月6月は、若狭梅収穫の最盛期となります。

完全無農薬を貫いて25年 。

私たちが保全活動に携わって一年。

慕わしい大久保さんの梅美林にも
たわわに実りが訪れています。

昨日は昼から大雨という天気予報が見事に外れて、
時折り小雨はぱらついたものの
梅を積むには最良のコンディションでした。

この尊い一粒の恵みを生む
その道を訪ねながら、
昨年急逝された大久保のお父さんを偲びつつ
慰労と感謝と敬意を持って収穫してきました。

樹齢25年の古木たち。
聞けば樹齢が行く程、果肉に柔軟さが増し、
香りもより馥郁しくなるのだそうです。
すなわち、美味しくなるということ^ ^
その意味でもこちらの梅と出会えた方は、
しあわせ者です。

合わせて、
申年の梅は縁起が良いという言われもあります。

この先あと何年、実をつけていただけるのかは
未知数ですが、
私たちは可能な限りこの美林を
保全し続けたいと思います。

梅の木の数は、74本。
今期もこれからまだまだ
たくさん実が採れます。
この梅の実の売り上げが
今後の保全活動の原資となります。
ですので、出来る限り余す事なく
皆様の元へとお届けしたいのです。

皆様のご協力をお待ちしておりますm(_ _)m

直接梅摘みに行かれたい方も大歓迎です!

笑間にお気軽に連絡下さいませ(^^)

imageimageimage

笑間珈琲PV

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

笑間の通販