Master's Voice

image
今回の北陸行では、
世界的なディジュリドゥ奏者、
shibatenさんに大変お世話になりした。
加賀百万石と謳われる通りの
豊かな風光と水の大地、
そして住まう人々の美しさに
心打たれながら過ごしました。

忘れ難いのは、shibaの家で
皆と語り明かした一夜。
胸の奥のいずみから汲み上げる言葉の数々。

そして、その後別れ難く帰阪したマスターは、
夢の現(うつつ)にその夜の言葉を
回想したのでした。

「人は、森に
樹々に
緑に
水に空気に、
とてつもなく癒される。

でも、この頃よく思う事。
森・樹々・緑・水・空気もまた、
実はそれを心から愛する人によって、
とてつもなく癒されている、
との思い。

一人の人と対峙するあらゆる存在物は、
関わるその人の思いの如何によって、
その存在価値が決められて行く。

この事は、
人は万物の霊長としてこの世界に於いて
君臨する位置にある、
という事が言いたいのでは無く、
この世に於ける人間の存在意義(役割り)
の問題としての話。

人の人たる所以。
それは、あらゆる存在物を意味付け
意義付ける能力。

その能力の故に、
人は喜びもし、落胆もするのだが、

一人の人がこの世界に占める
その存在の座標軸は、絶対的。
あなたに取って代わって
時間的空間的その座標軸に
留まることの出来る存在は、
残念ながら、居ない。

その座標軸にあって、
後にも先にも、
この世界に真に素敵な意味を持たせ、
色付け、輝かせることの出来るのは、
唯一、あなた(私)だけ。

世界は、私(あなた)の心がけひとつで、
輝きもし、燻(くすぶ)りもする。

私の言葉が、思いが、振る舞いが、
関わる他者を真に生かしもし、
殺しもするのだ。

結局、この世の幸も不幸も私次第。

私が幸福な時、
世界もまた嬉しく、
私が不幸な時は、
世界が私を心配する。

世界に於ける今ここに在る
私の立ち位置こそが、
幸・不幸の分水嶺となる。

だから、正しく戦う心を
人は懸命に鍛錬すべし。」

shibaの奏でる音楽は、
他者を幸せにしたいという純真を
懸命に形にしたもの。
ここでの彼の暮らしぶりにもまた、
そのspiritsが貫かれている。

この町の風土は、
そんなshibaに嵌(はま)っている。

今回マスターは、shibaと過ごせてとても
楽しかった。
正確に述べれば、
shiba夫婦と交流出来て
とても幸福でした。

そして、翌朝、
shibaの家を出た時の時間が、
ぴったり11:11。

11数は、世界的に平和を表す数なのだそうです。
そして、shiba夫婦の結婚記念日は、
11月11日11時11分11秒。

人は魂が満たされた時、
しばしばこういう現象を引き寄せます。
「1」数は、創(はじ)まりの数であり、
神を象徴する数です。
そして、神の願いは
愛と平和とリスペクト。
「11」数は、神の願いを託された
一人一人の集合体を意味します。

共に過ごした貴い一夜は、
神も覚えるものとなるのでしょう。

今回触れ合えた全てに
感謝申し上げます。
imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

このところ食べ物ネタばかりが続いて
恐縮なのですが^^;
この感激と感謝を
発信せずにはおれないのであります(≧∇≦)

友人に釣り人がいると、
時折りとんでもない恵みのお裾分けを戴きます。
今回はまたも うず潮おしどり夫婦の
kazu-chan & せっちゃんより、
境港で釣り上げたばかりの新鮮高級魚
おスズキ様を戴きました^o^
今回は暑さでお魚さんもどうやら避暑に出かけて
あわやBOUZUか?という出足だったそうですが、
最後はきっちり釣果を得てのご帰宅だったようで、
よかったよかった(^^)

わざわざお捌きいただいてのお届け、
まことに恐縮でありますm(__)m

お陰様で、即刻調理させていただきました(^^)
昨日戴いたお野菜をたっぷり併せてグリルして、
バジルソースをたっぷりかけて
いただきました。
スズキ様のお白身もプリプリでお上品で
仄かな塩味と野菜の甘味とバジルの風味が
絶妙に絡まって、
思わずあたしは天を仰いだのでございます。
涙がこぼれないように
ひとりぼっちで黙々と食したのでございます。
永六輔さんが生きていらっしゃったら
是非食べていただきたかった。
そして食レポを書いていただきたかった。
その位、美味でした。

ありがとう!kazu-chan & せっちゃんT^T

今日も貴い命、戴きました。
感謝でありますm(__)m
image

image

ついに、梅雨明けが発表されました。
海の日の今日は、
各地で猛暑となりそうです;^_^A

ここ笑間でもお昼を過ぎてから
気温の上昇に伴って、
客足が急に途絶えてしまいました。

暑くてやってられまへん!
と言うことか…^^;

こんな時は、
冷やし中華に限る!
ということで、
ママと二人刺し向かい合って
中華食ってまーす(^。^)
シークァーサーとごま油の特製タレが絶品!

皆さま佳き休日をお過ごしくださいませ*\(^o^)/*

image

image

image

今夜の晩餐は、
戴き物の野菜のオンパレード!

守口→尼崎を経て、近江へと引っ越して
念願の家庭菜園に精を出す仲良しご夫婦が、
箱いっぱいの採れたて野菜をわざわざ笑間まで
デリバリーして下さいました^o^
箱の中には、
ジャガイモ、トマト、ヤングコーン、
ピーマン、パプリカ、そしてバジル等々。
新鮮野菜の宝箱!

そして、張り切ってママがこさえた料理が、
バジルソースたっぷりのパスタとイワシのソテー。
麺はもちろん若狭屋さんの絶品生パスタ麺を使用!

美味しすぎて体に滋養が漲って行く!

アヤちゃんご夫婦の愛情野菜、あっぱれ(≧∇≦)

今日も生かされている事に感謝申し上げます。
ありがとう(≧∇≦)
imageimageimageimage

若狭の杉田さんの田んぼの畔に自生する
一本のスモモの木を
別れの一本李(すもも)とは誰も呼ばないが^^;
猿軍団に盗られる前にと、
わざわざ笑間さん宛にお持たせして下さいました。

こういう人の情け、愛の心尽くしが
ママのハートに火を点けるのですねぇ。
いきなり国産の小麦粉をこね出したかと思いきや、
二次発酵までしっかり手間をかけて、
見た目にも清々しいプラムのパンを作ってくれました。
タイミング良く集った皆さんとで
ムシャムシャ、ニコニコ、
ハッピーなおやつタイムとなりました^o^
杉田さん、ありがとう!

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

昨日7/9は、大安吉日。
最後は晴れ上がって良かったねぇ(^^)

昨日は、笑間の大切な友人でもある
歌唄いの木野彰吾さんと
劇団銀河の看板女優加奈子さんの結婚披露宴に
招いて頂きました(*^_^*)

振り返れば、二人の仲を取り持ち
縁結びの役目を大きく果たしたのが
笑間さんだと言うことで、
なんだかとても感謝をして頂き、
私達としても嬉しい限りであります^o^

更に、今回の披露宴のお土産
(来賓の方へのお持たせ)にと
笑間珈琲のドリップパックまで
オーダーをして頂きました。
誠にありがとうございます(^^)

ママが丹精を込めて
ラッピングをさせてもらいましたよ。

豆の焙煎は、織姫と彦星が出逢う
7/7の七夕の夜に定めて、
永遠の愛を祈願しながら行いましたぜ。

とても美しいお似合いのカップルさん!

末長くお仕合わせに*\(^o^)/*

imageimageimageimageimageimage

ちょいと早く
夏が来てやしないか?
梅雨明けもまだの筈。
いよいよ鳴き始めたセミも
暑さで落っこちてくる始末。

皆さま、暑中お見舞い申し上げておきます;^_^A
imageimageimage

image昨日は全国的に猛暑の中、
第三回大阪珈琲フェスティバルにて
大勢の方にお集まりを頂き、
盛況のうちに終えることが出来ました。
ご来場頂いた全ての方たちに
心から御礼を申し上げます!

マスターは、旧友の唄士、谷和彦君との
夢のサバイバルランド復刻ライブを
思う存分楽しみました!
あれから40年近くが経つというのに、
歌い始めるや否や、
昨日の出来事のような僕らの高校時代。
音楽は素晴らしい!

ママはと言えば、
お歌に惚けるマスターを尻目に
笑間珈琲をしっかりお客様に
提供してくれました(^^)
ママのドリップ姿は、
マスター以上に様になっておりました。
おおきに〜(^o^)

多くのご縁に
心から感謝申し上げます!
imageimageimage

本日、7/3(日)は、
「第三回大阪珈琲フェスティバル」
参加の為、
午後1時閉店とさせて頂きます。

大阪珈琲フェスティバルで
お会いいたしましょう!

笑間店主敬白m(__)m

image

image

imageimage

image

家庭円満の秘訣は何?と問われたら、
マスターは迷わず「食事!」と答えます。

1日3回 × 365日 × 年齢。
人は飽くことなく食べ続けます。
こんなに食べて生かされ続けているのに、
何故に人は幸せになれないのか…>_<… その答えは簡単。 「幸せを引き寄せる食事をしてこなかったから」。 家族が食卓を囲んで、 和気あいあいと、 美味しく、楽しく食事をする。 それさえ出来ればきっと、 幸福の方から駆け足でやって来る、 とマスターは考えるのです。 そのためにも、料理は真心を込めて作るべきです。 愛の実践と学びは料理から始まる、 と言っても過言ではないでしょう。 一番のご馳走は空腹だ、とはよく語られる事ですが、 心が尽くされた料理は美味しいだけでなく、 必ず健康にもなるのです。 料理とは、作り手の愛の作品。 決して労働だと思ってはいけません。 食事とは愛をいただくことであり、 家族で愛を分かち合うこと。 ですから、食事をいただく時は、 旦那さんは「美味しい!」と、絶叫すべきなのです。 男は黙って…、と言うのが絵になるのは、 高倉 健さんだけです^^; 旦那さんの「おいしい!」の大音声が、お嫁さんの心を刺激します。 今日はちょっと手抜きしてしまったことを後悔させるでしょう^^ 次はもっと工夫してみよう、もっとおいしくしてみせる、 とモチベーションをアップさせるのです。 食材は全てが「いのち」です。 お米のいのち、野菜のいのち、牛・豚・鶏・お魚さんのいのち。 食事とは、 私を生かす為に捧げられた「命」をいただくこと。 太陽、雨風、大地、微生物が、植物を育み、 動物がそれを食べて育ち、そして人間がいただく。 自然の恵みの結実をいただいて私は生きています。 ですから、先ず奥様は、 「心を尽くして、愛の味わいを高める為に料理を作る」。 そして旦那さん(家族)は、 「その愛を分かち合う為に美味しいと叫んでいただく」。 食事の極意は、「感謝して食べる」こと。 送り手と受け手の愛の送受信。 そんな食卓は、必ず福を引き寄せます。 家庭円満、家内安全、健康増進、所願成就、間違いなしです^o^ ですから、笑間に来てママの手料理を食べられる人は幸い也、 汝ら天の祝福を受けし者、なのであります(^^) 母の愛情料理は全て、あなたの薬となるでしょう。 身も心も大喜びすることでしょう。 それと同じ文脈で、マスターは杉田さんの栽培するお米を 最大限に評価するのです。 心が尽くされていることを良く知っているから 安心して口に運べるのです。 さて、今年で3回目となる「杉田んぼ豊年祈願音楽祭」 を行います。 杉田さんの田んぼに行き交い住まう 鳥や獣や虫や微生物といった ありとあらゆる生きとし生ける田んぼの住人達に向けて 感謝を捧げ、そして豊年を祈願する、 それがこの祭りの変わらぬコンセプトです。 ですので、ギャラリー(お客様)は、 人以外の生き物たちです。 聞きたい「人」は、杉田さんの田んぼに どうぞ勝手にご参集下さいませ。 今年は7月7日(木)、七夕の日に行います。 共に演奏を奉納されたい方、 共にその場に居合わせたい方、 おられましたら笑間までご連絡下さい。 杉田さん、心尽くしのお米をありがとう(^o^) 追記 初年度(2014,7,31)の豊年祈願祭の模様を YouTubeでご覧頂けます。 https://youtu.be/Zz4ULXO8GSE