3 / 41234

MENU

笑間のお米は、生産者指定米です。
福井県の若狭町で
真面目にお米作りに取り組んでいらっしゃる
若き生産者、Chris Farmの杉田さんの手による
低農薬栽培の愛情コシヒカリです。
先ずなによりも、
この地域は水が良いことで有名です(北川水系)。
中でも、鳥羽川は一級河川としては、
全国でも三本の指に入る程、
水質が清浄な川なのです。
その清水で生育したお米であること、
そしてそこに生産者である杉田さんの
真摯な心遣いが投入されていることを思えば、
このお米は間違いのない一級品のお米です。

で、その愛情米が届きました!

20130712-180959.jpg

杉田さんのお米は、
惚れ惚れする位、抱きしめたくなるような
ツヤツヤの綺麗な面構えです。
いつも玄米の状態で30キロ、送ってもらいます。
で、約10キロずつ、その都度精米して使います。
で、今日は早朝より、自転車コキコキ、いそいそと
コイン精米機のある川向こう(摂津)まで。

20130712-181432.jpg

マスターは、結構この作業が好きですねぇ。
100円入れて、玄米を放り込んで、
そして、8ぶづきに設定。
マスター的には、5ぶづきを推奨したいところなのですが、
お人によっては、食べづらい方もおられるようなので、
8ぶに妥協しています^^;

20130712-181812.jpg

20130712-181827.jpg

待つこと約8分。
きれいにお米が仕上がりました。

20130712-182506.jpg

20130712-182516.jpg

朝の清しい空気を胸いっぱい吸いながら、
鼻歌交じりに笑間に帰ります。

20130712-182645.jpg

今日も好い事絶対ある!
根拠はないけど、そんな気分にさせてもらえる
杉田さんの愛情米に、感謝!

あっ、そうそう。
笑間では、このお米をいつも土鍋で焚きます。
そのことをまた今度、記事にしますね!

20130708-165752.jpg

大阪もいよいよ梅雨明け。
今日なんぞは、
本格的な夏空が眩しい限り;^_^A

暑気払いのドリンクメニューとして、
先回、石垣島パインの生絞りジュースを
ご紹介しました。
今回は、第二弾です。

『自家製 青梅エキスジュース』

こちらの青梅の産地は、
福井県は三方郡産で、
Jas認定の無農薬有機栽培農家さんによる
由緒正しき青梅にございます。

この梅を
笑間推薦の砂糖に代わる天然甘味料
「てんてきの糖」に漬け込んだ、
体に優しく(血糖値を急激に上げない、
体内で1時間程でエネルギー化する、
虫歯の原因成分を含まない)、
スッキリとした甘みの、
ヘルシー梅ジュースです。

梅と言えば、
クエン酸による疲労回復効果、
あと「三毒を断つ」と言われる如く、
毒素を分解し血液の浄化も助けます。
整腸・健胃作用もよく知られるところです。

香料や化学甘味料たっぷりの
市販の缶ジュースなんぞより、
自然派梅ジュースです。
特にお子様には、飲ませてあげて頂きたい。

現在、笑間では
自然派ジュース第三弾として、
すももエキスも漬け込み中です。
今週末辺りにはお飲み頂けるのではないかと。

笑間の自然派夏ドリンク。

元気100倍笑間ジュースです*\(^o^)/*

20130708-173656.jpg

20130708-173705.jpg

もちろん、
最後は梅の果実まで美味しく食べて頂けますよ!

モーニングブレッド作り、
たまにはこんな失敗も
もちろんあります~_~;

これは、塩麹パンを試みた結果です。
見ての通り、発酵不足です。

こうなるかもと、
ある程度は予測していたのですが…。

これは、ホームベーカリーのタイマー設定、
しかも今回の場合、9時間と、
時間をかけ過ぎたのが主な敗因ですね。

自然素材を入れ込む時は、
そこに潜む常在菌とイースト菌との
相性があるということですね。

この場合、本当は一次発酵後に
塩麹を混ぜ込むのがベストなのでしょうが、
横着してしまいました。
わたくしの時間管理能力不足ですね〜>_< でもこのパン、蒸しパンみたいで これはこれで乙なお味(^.^) マスターのオヤツになるのでした*\(^o^)/* 20130619-080532.jpg

今朝のマスター手作りブレッドは
(本当は優秀なH.B.に作らせている^^;)、
水の代わりに、カフェオーレを使ったパンです。

何が素晴らしいかと言うならば、
もちろんそれは、
笑間の冷コーを使用していることに尽きるのだ!

特別に配合を紹介!

成分無調整牛乳80cc
笑間の冷コー 100cc
無精製のきび糖 大さじ2
バター(笑間では絶対にマーガリンは使わない) 20g
自然塩 小さじ1
ドライイースト 適量
強力粉 280g

以上。

この 牛乳:冷コーの 80:100 の比は、
マスター的には黄金比率ですね。
笑間の夏場の人気メニューである
アイスミルクコーヒーと同じ配合です。

このブレッド、
焼き上がりが上等ですね。
しっとりと気品のある仕上がりです。
やはりねー、コーヒーがいいとねー、
風味が違いますなぁ~(^o^)

満足の行く出来栄えでした(*^o^*)

あっ!皆さん食べにきてね!!

20130617-101920.jpg

本日のオリジナルモーニングブレッド!

20130615-092900.jpg

普通の食パンなのですが、
セモリナ粉とチーズを
重量比の1割ずつ、配合してみました。

セモリナ粉とは、パスタやピザ生地に使われる
デュラム小麦ですね。

そこに本当はクリームチーズを使いたかったのですが、
手持ちがなかったので、とろけるチーズを使いました。

バターの変わりにオリーブオイルを使おうかとも考えましたが、
油脂分はチーズがあれば充分かと思い、
結局どちらも使いませんでした。

表側はパリッと張りがありますが、
内側はしっとりとした仕上がりになりました。

優しい仄甘さのお味ですね。
美味美味(^o^)

このところ、パンを手作りしています。
手作りと言うと、おこがましいですね。
ホームベーカリーに作ってもらってます(*^^*)
まぁ、取り説レシピそのままではなく、
自分なりにかなり工夫は凝らしておりますが。

マスター的には自分のアイディアをどこかに落とし込まないと
気が済まない質なので、
大豆やら昆布やら、その時々に目にする素材を
結構大胆に試してみます。

もちろん、成功したり失敗したり、
その都度の結果がいつも楽しみなので、
止められません。

で、今回のブレッドですが、
『ケールブレッド』です。

キャベツやブロッコリーの原種で、
南地中海原産の
食物繊維、ミネラル、ビタミン豊富の
健康野菜の優等生、それがケール。

日本では、青汁の原料としてお馴染みの素材ですね。

実は、エマのすぐご近所に
青汁屋さんがあるのですが、
こちらのお店がすこぶる誠実に毎朝、
無農薬のケールをせっせと搾っていらっしゃって、
お店の前を通る度にナチュラルな空気を呼吸できる
素敵なお店なのです。
最近この青汁屋さんと交流を深めておりまして、
先日ケールの搾りかすを頂き、
試しにパンを焼いてみた次第です。

このケールの搾りかす、中々手強い素材ですが、
最終的には乾煎り(からいり)にして使ったところ、
ようやくしっくりゆくパンが焼きあがりました;^_^A

何名かのお客様にご試食をお付き合い頂きましたが、
皆さんから合格点を頂きました(^o^)

この食材はいろんなものに応用が効くと思います。
スープや汁物、お好み焼き、ギョウザ、ハンバーグ等の具材として、
工夫次第でいろんなバリエーションが考えられますね。

取り敢えず、
マスターは、珈琲のお供として、
今からブレイクタイムです(^。^)

20130611-134628.jpg

空梅雨続きの毎日に
体力気力も奪われて、
早くもバテ気味と言う方も多いのでは?
そんな皆様に朗報です(^.^)
今年もついにこの季節が巡って参りました!

『八重山産パイナップルの生絞りジュース』
の登場です*\(^o^)/*

ビタミン、ミネラル、酵素も豊富な
暑気払いにはもってこいの清涼感。

八重山の露地物パインは、今からが旬です。
8月前半位までの季節限定メニューとなります。

笑間のパワーチャージメニューです!

(入荷の状況に応じて品切れの場合もあります^^;)

20130610-151637.jpg

ママ手作りの日替わりケーキ。
本日は、
caramel banana cake(^^)
日本で消費No.1の一番身近な果物、それがバナナ。
(バナナを厳密に分類すると、実は野菜。それは置いといて)

皆さん、バナナのクオリティアップの裏技をご存知ですか?
この技を使うと、
先ず糖度が確実に5ポイントは上がります。
それと保存性が2倍にアップします。
やり方は簡単です。
50度のお湯に5分間、漬けるだけ。
その後、室温で1時間程放置する。
たったそれだけで、
旨味、糖度、保存性が大幅にアップします。
マスターはすでに何度も試しました。
これは本当の話です。
今日のケーキには、もちろんこの裏技バナナを使っております。
皆様もお試しあれ!

(情報ソース→「ためしてガッテン」より)

20130528-172350.jpg

「にほい(匂い)立つ」
朝は朝な、夕は夕な、
日がな一日、にほいの彩り。

ここのところ、
毎朝パンを焼いて(作って)ます。
まぁ、笑間の優秀な働き手、
ホームベーカリー君の
お陰様ですが^^;
前日の就寝前に、
材料を仕込んで、
後はタイマーをセットするだけ。
朝目覚めて、お店の勝手口を開けると、
パンの焼ける香ばしい香り。
寝ぼけ眼が、ニンマリします。
幸せのかほり。
マスター仕込みの(日替わりレシピ
なのでバラエティに富む!)
幸せトースト。
エマのモーニングに
いらっしゃいませな(^o^)/

朝8:00~11:00は、
笑間のモーニングタイムです。

ちなみに、今朝のパンは、
レーズン&プルーンの入った
ミルクブレッドです。
なんと、食べて下さったお客様より、
このパン一斤、ご注文頂きました!

20130412-135542.jpg

image

姉夫婦が、石垣島土産に
やちむん焼きの珈琲カップを買ってきてくれました(^^)
読谷村は北窯の名陶・宮城正享氏の 肉厚・骨太で重厚な逸品です。
一見、朴訥で、荒々しい存在感に圧倒されますが、
よくよく見つめると、 その容姿といい、絵付けといい、
繊細で研ぎ澄まされた作者の美学を感じ取ることが出来ます。
明日から、笑間コーヒーカップのラインナップに仲間入りです(^^)

image

3 / 41234