2 / 1312345...10...最後 »

EVENT

image

ちょっとこっぱ恥ずかしいタイトルが
踊っていますが^^;
12/18(日)のイベントチラシを作ってみました(ママ作)。
当日のお天気が気になるところですが
(なにせスキー場があるような所ですから)、
多くの方のご来場をお待ちしております。

門真からの送迎車ですが、あと4席空いております。
お早目にご予約下さいませ。

image

〜エマコーヒープレゼンツ わっしょいプロジェクト〜

「12.18. 年忘れ&クリスマスライブIn今庄」

歴史的美観の町並みが今も遺るかつての宿場町今庄宿。
こちらの情趣溢れる旅籠(若狭屋さん)を会場に
ご地域の方々を多数交えて盛り上がりたい
音楽ライブイベントです。

★日時は、12/18(日)。
時間は、12時会場、13時開演、16時終演予定です。

★会場:若狭屋(福井県南条群南越前町今庄75-13)

★入場料(参加費)は、無料と致します。
但し、ライブの途中でプレゼント交換会を行います。
ですので、お集まりの皆様お一人につきプレゼントを一点、
ご用意してご参加下さい。
この「お楽しみプレゼント交換会」にご協力いただくことを持って
入場料(参加費)に代えさせていただきたいと思います。

尚、プレゼントの金額の目安は、一応、
「500円〜1000円相当のモノ」としておきます。
プレゼントの中身は、公序良俗に反しないモノ、
健康を損なわないモノ、その他、良識を外れないモノ
であれば何でもOKです。
例えば、果物、野菜、卵と言った農産物でも構いません。
我が家自慢の加工品(味噌や漬物)なども良いと思いますし、
何か嗜みごとのある方はご自身の作品であるとか、
そんなプライスレスなモノでも大歓迎です。

★12時〜16時の間、会場内で飲食の販売を行います。
メニューは、
笑間珈琲さんのコーヒー、他のお飲物、あったかシチュー、
カフェ木の芽さんの美味しいパン、その他を予定しています。

★出演者
山本邦人さん率いる「 flying bird」、
世界十指のディジュリドゥ奏者 「SHIBATEN」、
元河島英五バンドメンバー 「谷和彦&エママスター」。
懐かしの昭和歌謡あり、美しい二胡の調べあり、
聞かせて泣かせるポップスありの盛り沢山です。

★最後にお願い
今回出演者は皆さん手弁当(ノーギャラ)での参加となっております。
音楽ライブ終演後に皆様の満足度合いと懐具合いに応じた
お心付け(チップ)をいただけましたなら幸甚でございます。
(誠に勝手ながら会場出入り口に投げ銭箱をご用意させて頂いております)

※当日は、大阪(西三荘)より送迎のお車を手配しております。
但し、お席に限りがございます。
送迎をご希望の方は、お早めに笑間までお知らせ下さい。
尚、送迎の費用は、往復で2500円を予定しております。

今日はコーヒーフェスティバル。
中崎町ホールでお待ちしております^o^image

image

本日、7/3(日)は、
「第三回大阪珈琲フェスティバル」
参加の為、
午後1時閉店とさせて頂きます。

大阪珈琲フェスティバルで
お会いいたしましょう!

笑間店主敬白m(__)m

image

image

imageimage

image

image明日3/27は、ご地域の自治会さん主催のイベント
「第三回桜まつり」です。
場所は、現在廃校になっている
旧北小学校校庭です。
(雨天の場合は体育館にて)
時間は、10時〜12時。

歌と演奏、
おでん、豚汁、おにぎり等、
屋台もあちます。

エマも、コーヒーで出店します。
あと、マスターが友人の谷和彦君と歌います。

★イベントのご案内
「エマコーヒー10周年記念イベント
若狭わっしょいWeek」

早くも、「若狭わっしょいWeek」が近づいて参りました。
11月6,7,8の三日間にわたるイベントですが、
メインイベントは、7日(土)の「杉田んぼ収穫祭」です。
参加ご希望の方に、下記要項にてお知らせ申し上げます。

☆11月7日(土) 「杉田んぼ収穫祭」
若狭の山の幸、海の幸をバーベキューでいただきます。
もちろんメインは杉田さんの新米!
食事の後は、こちらの旧家の大広間にて
歌にマジックにダンスなどのライブパフォーマンスを
お楽しみ頂きます。

現地まで車にて送迎致します。

〈スケジュール〉
朝9時 京阪西三荘駅前(パナソニック側)集合出発

12時 若狭山内集落到着
バーベキュー
ライブ

17時 帰路
19時半 西三荘帰着解散

〈参加費用〉
送迎費 3500円
バーベキューとライブ参加費 4000円
(ライブのみの参加は、1000円)
*小学生までのお子様は、送迎費2000円、
バーベキューとライブ費 3000円。

自力でお越し頂いても構いません。
その場合の参加費は、4000円です。
(ライブのみの参加は、1000円)

参加ご希望の方は、エマコーヒーまでご連絡下さい。

☆オプション(お泊まり)ツアーのご案内
7~8日の一泊二日のツアーとなります。
宿泊場所は、ライブを行うこちらのお屋敷となります。
但し、大部屋でのざこ寝となりますので寝袋をご持参下さい。
宿泊費は、お一人様500円です。

7日の収穫祭終了後、自由にくつろいで頂き、
夜の7時から、若狭のオムライスの名店
「和伊和伊亭」さんで夕食をいただきながら
E-MAnブラザースのライブをお楽しみいただきます。
参加費は、ミュージックチャージ1000円と飲食代となります。
その後は宿に帰って自由時間という呼び名の懇親会(^^)

8日は、お昼まで自由時間です。
この日マスターは、早朝(5時頃)より起き出して
我が珈琲の師匠、福井市の豆蔵さんまでお礼参りする予定です。
ご一緒したい方は是非どうぞ!

お昼の1時からは、南越前の歴史ある宿場町今庄の
旅籠カフェ「木の芽」さんにてのライブイベントです。
参加費は、2000円(ワンドリンク付き)です。

夕方4時頃、帰途につきます。
門真には7時頃帰着予定です。

・杉田んぼ収穫祭のみ参加
もしくは、
・オプションツアー参加
お好きなプランをお選びください。

詳細、及び参加のお申し込みはエマコーヒーまで。
電話 06-6901-5611
メール emacoffee@icloud.com

追伸
6日(金)は、
「鯖街道勝手にお礼参りランニング」です。
朝の6時に京都の出町柳をスタートして
若狭の須部神社(若狭恵比寿)様まで、距離にして65?を走ります。
道中は河内蓮根をバトンさながら握りしめて走り、
ゴールの神社様にご奉納致します。
こちらも伴走してくださる方あれば、大歓迎です!

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

「クラシックギターの調べを楽しむ。」

音楽には様々なジャンルがあり演奏の形態も
使用される楽器も千差万別あります。
マスターの好きなギターにもまた
いろんな演奏スタイルがあります。
マスターの場合は、
フォークギターを伴奏楽器として使う
フォークソングの弾き語りスタイルです。
ギターの種類にも違いがあって
ロックバンドやるならたいがいエレキギターを持ちます。
近頃はアコースティックな響き(生音)が好まれる傾向にあるようで、
その場合は、フォークギターかクラシックギターです。
最近ではフォークギターのことはアコギ(アコースティックギター)
と呼ぶのが主流でしょうか。
クラシックギターの方は、マスターの年代的には
ガットギターと呼ぶ方がしっくりきます^^;

いずれにせよ、使用する楽器の違いもまた
音楽のバリエーションを無限に広め
私たちの美意識を掘り下げ楽しませてくれるもの。

さて、月に一度のエマの音楽会「歌夜会」も
今月で第68夜となります。
そして今回お招きしている方が、
フラメンコギターの名手、小松佳久氏です。
フラメンコと言えば、情熱的で叙情的な激しい歌と踊りと
ギター伴奏で知られる
スペイン南部アンダルシア地方発祥の民族音楽です。
使用されるギターは、もっぱらクラシックギターで、
独特のリズムを打ち鳴らし奏でられます。
これがとても心を揺さぶるのです。
情感が豊かに溢れている音楽です。
小松氏のデモ演奏を聞かせていただきながら
マスターが感じたのは、日本の演歌とも共通するであろう情念でした。

小松氏ご自身もプロとしての実績を豊かに積み上げてこられた
申し分のない経歴をお持ちのプレイヤーです。

小松氏の私事になりますが、
昨秋に健康を大きく崩されて
演奏活動の再起さえままならない状況から
ようやく快復してこられました。
ですから、
今回は小松氏の復帰第一弾のリサイタルでもあります。
小松氏ご自身が今回のエマでの演奏会を弾みに
再起を図るべく意気込んで下さってます。

小松佳久さんのフラメンコギターソロライブ。
多数の皆様のご来場をお待ちしております。

9月19日(土) 夜7時開場
チャージお一人様 1,000_.(ドリンク・フード別)
お席に限りがございます。ご予約下さい。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

歌夜会第63夜は、
河島英五トリビュートでした。
かつてマスターとママは、
英五さんの音楽活動を共に支えた
同志でもありました。
昨夜は、そんな英五さんを偲んでの歌夜会でした。
そして、マスターとママの夢の共演も実現!
お時間ある方は、
昨夜の模様をYouTubeにて
お楽しみ下さい(*^_^*)

「石仏」

「月の花まつり」

昨夜は、歌夜会第63夜。
無事に終演です(^^)
今回は、
「河島英五トリビュート」
とのテーマの下、おおくり致しました!

お迎えしたお客様の中に、
凄い方がおいででした。
お一人は英五さんの生き字引、
小川 清さん。
もうお一方は、英五さんのステージマザー、
内藤のおば様。
お二人とも英五さんのデビュー当時から
ずっとずっと見守り歩み続けて来られた
英五党の大幹部と申して良いくらいに
半端ない英五ファンのお二人なのです。
なかなか耳に出来ないレアな
英五さんのエピソードもあり、
涙もありのいいご供養の出来た
素敵なひと時となりました。
英五さん。
ご命日は、2001年4/16。
お葬式は、4/18。
合掌。

写真は、小川さん熱唱の
「生きてりゃいいさ」。
もう一葉は、
終演後、皆さん帰られた後、
ママとお疲れ様の晩餐。
ノンアルビールで乾杯!

今日は、ママがデジタルホーンで
共演してくれました(*^_^*)
ありがとね〜!

(null)

(null)

2 / 1312345...10...最後 »