2 / 1212345...10...最後 »

EVENT

「クラシックギターの調べを楽しむ。」

音楽には様々なジャンルがあり演奏の形態も
使用される楽器も千差万別あります。
マスターの好きなギターにもまた
いろんな演奏スタイルがあります。
マスターの場合は、
フォークギターを伴奏楽器として使う
フォークソングの弾き語りスタイルです。
ギターの種類にも違いがあって
ロックバンドやるならたいがいエレキギターを持ちます。
近頃はアコースティックな響き(生音)が好まれる傾向にあるようで、
その場合は、フォークギターかクラシックギターです。
最近ではフォークギターのことはアコギ(アコースティックギター)
と呼ぶのが主流でしょうか。
クラシックギターの方は、マスターの年代的には
ガットギターと呼ぶ方がしっくりきます^^;

いずれにせよ、使用する楽器の違いもまた
音楽のバリエーションを無限に広め
私たちの美意識を掘り下げ楽しませてくれるもの。

さて、月に一度のエマの音楽会「歌夜会」も
今月で第68夜となります。
そして今回お招きしている方が、
フラメンコギターの名手、小松佳久氏です。
フラメンコと言えば、情熱的で叙情的な激しい歌と踊りと
ギター伴奏で知られる
スペイン南部アンダルシア地方発祥の民族音楽です。
使用されるギターは、もっぱらクラシックギターで、
独特のリズムを打ち鳴らし奏でられます。
これがとても心を揺さぶるのです。
情感が豊かに溢れている音楽です。
小松氏のデモ演奏を聞かせていただきながら
マスターが感じたのは、日本の演歌とも共通するであろう情念でした。

小松氏ご自身もプロとしての実績を豊かに積み上げてこられた
申し分のない経歴をお持ちのプレイヤーです。

小松氏の私事になりますが、
昨秋に健康を大きく崩されて
演奏活動の再起さえままならない状況から
ようやく快復してこられました。
ですから、
今回は小松氏の復帰第一弾のリサイタルでもあります。
小松氏ご自身が今回のエマでの演奏会を弾みに
再起を図るべく意気込んで下さってます。

小松佳久さんのフラメンコギターソロライブ。
多数の皆様のご来場をお待ちしております。

9月19日(土) 夜7時開場
チャージお一人様 1,000_.(ドリンク・フード別)
お席に限りがございます。ご予約下さい。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

歌夜会第63夜は、
河島英五トリビュートでした。
かつてマスターとママは、
英五さんの音楽活動を共に支えた
同志でもありました。
昨夜は、そんな英五さんを偲んでの歌夜会でした。
そして、マスターとママの夢の共演も実現!
お時間ある方は、
昨夜の模様をYouTubeにて
お楽しみ下さい(*^_^*)

「石仏」

「月の花まつり」

昨夜は、歌夜会第63夜。
無事に終演です(^^)
今回は、
「河島英五トリビュート」
とのテーマの下、おおくり致しました!

お迎えしたお客様の中に、
凄い方がおいででした。
お一人は英五さんの生き字引、
小川 清さん。
もうお一方は、英五さんのステージマザー、
内藤のおば様。
お二人とも英五さんのデビュー当時から
ずっとずっと見守り歩み続けて来られた
英五党の大幹部と申して良いくらいに
半端ない英五ファンのお二人なのです。
なかなか耳に出来ないレアな
英五さんのエピソードもあり、
涙もありのいいご供養の出来た
素敵なひと時となりました。
英五さん。
ご命日は、2001年4/16。
お葬式は、4/18。
合掌。

写真は、小川さん熱唱の
「生きてりゃいいさ」。
もう一葉は、
終演後、皆さん帰られた後、
ママとお疲れ様の晩餐。
ノンアルビールで乾杯!

今日は、ママがデジタルホーンで
共演してくれました(*^_^*)
ありがとね〜!

(null)

(null)

夕べの歌夜会第61夜の続きをば。

木野さんのメインステージの前に、
オープニングアクトとして出演したユニットが
ありました。
そのユニット名が、なんともユニット「迷」なのですが、
これ、「マギ ズミ」と申します。
極めて意味不明…^^;
実はこれ、石垣島出身の歌う珈琲焙煎士エマのマスターと
宮古島出身の唄者拓ちゃんとのユニット名なのですねぇ。
拓ちゃんの三線とマスターのギター&ボーカルの
ユニットです。
この二人編成で最近たまに演じております。
島人同士でお気楽にテーゲー(好い加減)に
沖縄音楽を楽しく演れるところが気に入っています^o^

マスター「今度この曲演りたいんだけど?」
拓ちゃん「イイっすねぇ」
マスター「じゃ、練習しといて」
拓ちゃん「分かりました!」
で、本番を迎えて、せぇのドン!と演ってしまう。
このお気楽な沖縄気質が心地好いのですねぇ(^^)
で、件の「マギ ズミ」ですが、
沖縄の島言葉(シマクトゥバ)は、島により、村により
結構な違いがあります。
このユニット名を決める時、
ミャーク(宮古島)では「スゲー!」のことを何て言うの?
と尋ねたところ、「ズミ!」と言いますと。
ヤイマ(八重山)ではよ、「マギ!」と言うわけさ。
この二つをあわせてよ、「マギ ズミ」。これでいくさぁねぇもぉ。
とのやり取りの結果のユニット名だったわけさぁ^^;

1.「19の春」
2.「イラヨイ月夜浜」〜マスターバージョン
3.「池間の主」〜拓ちゃんソロ
4.「ふるさと沖縄」〜マスターオリジナル曲 ソロで
5.「島人の宝」〜青汁屋太一君飛び入りバージョン

とてもとても楽しかったサァ〜^o^

お時間のある方は、YouTubeを是非!

☆ミャーク民謡「池間の主」

☆「イラヨイ月夜」マスターバージョン

(null)

2並びの今日2/22(日)は、
エマのお気軽自転車倶楽部
「エマリン(笑間輪)」の活動日でした^o^

がその前に、時系列に沿って
昨夜の「歌夜会第61夜」のことを。

昨夜のメインシンガーは、木野彰吾さん。
エマとのお付き合いはかれこれ3年程になりましょうか。
とても真摯で前向きで、
時に無邪気に激しく、子鹿のように跳ねた歌もあって、
飽きさせないその作品に魅せられる
熱心なファンの方々が、
大勢エマにお集まり下さいました\(^o^)/
もとが小さな喫茶店であるエマコーヒーです。
その空間に気持ちの篤い木野ファンが
至近距離で彼の歌を受けとめるわけです。
そりゃ盛り上がらないはずがない!
とてもハートウォーミングな
時間を刻めたのではないでしょうか。
とくに昨夜のセットリストが、お値打ちものでしたね。
「木野彰吾のお蔵に入ってる名曲集」。
どうだ!ファンならずとも垂涎のお献立てじゃあ〜りませんか?
お蔵に入ってると、
実はこれ熟成が進むのですね。
「まっさん」見てる人はよく分かる筈(^^)
味わい深い作品が木野さんにはまだこんなにもある。
皆んなの力で世に出しましょう!!
木野くんは、本当に努力していますね。
彼の作品には、マスターはとても血潮が感じられるのです。
骨身を削って、誠に真摯に歌に向き合っている姿勢が
見て取れるのです。
これからもきっと、
素直に謙虚に感謝してその持ち前を大切に
私たちの心を響かせてほしい!
またエマコーヒーで歌って下さい\(^o^)/

今日の「エマリン」はまた後ほど^^;

(null)

(null)

今日のエマは、60回目の歌夜会でした。
そして本日1/17は、奇しくも
阪神淡路大震災から20年目となる日でもありました。
震災復興に心血を注がれた
今は亡き河島英五氏の歌を
捧げました。

「生きてりゃいいさ」

君が悲しみに心を閉ざしたとき
思い出してほしい歌がある
人を信じれず眠れない夜にも
きっと忘れないでほしい
生きてりゃいいさ生きてりゃいいさ
そうさ生きてりゃいいのさ
喜びも悲しみも立ち止まりはしない
巡り巡っていくのさ
手のひらを合わせよう
ほら温もりが
君の胸にも届くだろう

もう一曲は
「森へ帰ろう」

本日エマは、休業とさせて頂きました。
守口の某マンションの集会所にて開催された
住民の方に向けてのパーティーに
演奏者として招かれた次第です。
今回は、アコースティックE-MAn、総勢5名で参戦。
エレキギターにカホンに三線、混じえて
楽しく演奏してきました!

その後、お店に帰ってからは、
「もじもじはんこ教室」でした。

マスター、生まれて初めて消しゴムはんこ作りに挑みました。
これはオモロイ、ハマりました!
鐘道先生の文字指導と
アトリエ空まるさんの彫り方指導の下、
悪戦苦闘の末でしたが、
出来たはんこを押す瞬間の
緊張と歓びたるや、
マスター感激しました(^o^)/
今回参加された皆さんも
まんざらでない出来映えに
えびす顔で帰られました(^^)

今後、定期講座にしようかと目論んでおります。

IMG_2085-2.JPG

IMG_2084.JPG

毎月第四週目の日曜日は、
エマのお気楽自転車クラブ
「エマリン」の活動日。
と言うことで、
本日は吹田の万博記念公園までライド。

中央環状線を北に進路を取り
途中、摂津から千里丘を抜けて
走る事約50分。

豊かな街路樹の坂道を駆け登ると
太郎くんの太陽の塔がお出迎え。
ここは間違いなく
大阪の名所だ*\(^o^)/*

帰路は、万博の外周道路をフリーランで一周。
道沿いには、秋の花コスモスも揺れる。

無事に帰着して
ママの謹製朝ごはん!
これが毎回のお楽しみです(^o^)

来月の行き先は、源氏の滝(交野市)と決まりました。
次は是非、ご一緒に*\(^o^)/*

IMG_1769.JPG

IMG_1771.JPG

IMG_1774.JPG

IMG_1772.JPG

IMG_1775.JPG

IMG_1773.JPG

敦賀バスツアー 盛況御礼!

緑輝く皐月五月の17日。
先月は、エマの歴史において
ある意味とてもエポックメイキングな月となりました。
「エマさんと行く越前街道バスの旅〜敦賀キャンドルナイト」。
エマコーヒー開業9年目にしての初の大型遠征企画でしたが、
お陰様で総勢50名近くの方にご参加を頂き、
盛況のうちに無事に終えることが出来ました。
ご参加を頂いた皆様には心からの御礼を申し上げます!

今回のバスツアー実現のその辺りのいきさつは、
先月のエマ通信「ご縁を紡ぐ」に詳しいのですが、
今回、志を持つことの大事を
マスター改めて学ばさせて頂きました。
エマが今回の敦賀キャンドルナイトへのお誘いを受けたのは
去る1月の事。
敦賀での出張コーヒー&ライブの折でした。
ライブ終了後の軽い打ち上げの時にキャンドルナイトの話題が出て、
「了解しました!ではエマのお客様50名引き連れて
大型バスをチャーターして参加させてもらいます!」
と豪語してしまったところから始まりました。
とは言え、果たして50名もの集客が
現実問題出来るのかどうか、正直ビビってしまいました。
ですので最初はトーンダウンしてしまい、
マイクロバス1台分の25名を目標に
募集を開始したのでした。
それが、いざお声掛けを始めてみたらば、この25名がすんなりと
定員に達してしまい、改めて目標を当初の50名に設定し直したのでした。
最終、直前の止む無いキャンセルも若干はあったものの、
マイクロバス2台分の定員で無事に往来して来た次第です。

今回はつくづく言葉の大事を思いました。
言葉は取り返しのつかない事態を招くものでもあるし、
吐いた言葉には責任が乗しかかるわけですが、
それを志に代えることで実際の現実の私の人生の彩りが
ドラマチックに展開されていくことを思えば、
人間言葉に出すことの勇気を持つべきであると思いました。

マスターの個人的な感想としては、
今回は若狭の素敵な農業人、杉田さんの美田を訪問出来たことが
何よりもの収穫でした。
田植えを今まさに待つ鏡のような田の面に杉田さん自身が立って、
そのお人柄そのままに朴訥に誠実に
田に生きる数多の生命のことを伝えてくれました。
多くの関わり合いの中で育まれる物事の
意味や価値に思いを馳せながら、
次はひとつこの杉田さんの美田でライブをやりたいと、
マスターの心にムクムクと意欲が湧いて来たのでした。
その時の観客はもちろん、
ここの田を訪れる鳥や獣や虫けら達や
土の中の微生物、
そんな田んぼの住人達です。
意識を完全に田んぼに向けた
田の稔りを祈念するライブです。
ということは、奉納ライブですね。
ちゃんと禊(みそぎ)して白装束で歌いましょうか、
お代は当然今期の大豊作への確約だよね云々と、
そんな話題でひと時杉田さんと大いに盛り上がったのでした。

そしてマスター、杉田さんの美田に立って、
自然と歌が湧き上がってきたのでした。

マスター、必ず歌を奉納して来ます!
お付き合いしてくださる方、いらっしゃいますか?

20140601-150107-54067385.jpg

20140601-150106-54066566.jpg

20140601-150109-54069860.jpg

20140601-150109-54069449.jpg

20140601-150106-54066336.jpg

20140601-150109-54069003.jpg

20140601-150108-54068536.jpg

20140601-150105-54065813.jpg

20140601-150107-54067892.jpg

2 / 1212345...10...最後 »

笑間珈琲PV

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

笑間の通販