Mama's Diary

暦はすでに新年を迎えましたが、
昨日は突然に再び敦賀に行く口実が出来たものだから、
お礼参りかたがた、
前々日(30日)の夜からママと二人して出掛けて参りました(^^)
敦賀の友、やっちん宅で友人達と夜を語り明かし、
そして翌朝、清々しい日和の下、
大好きな神社様への御礼参りも済ませて参りました。

この日見上げた空には、
いくつもの祝福の証し雲が浮かんでおりました。
中でも、気比神宮さまの頭上に俄かに立ち現れた雲は
凄かったです。

天空を真っしぐらに翔(か)ける白龍の如し。
旧年から新年へと繋がる天運龍翔の証し。
ありがたき御印。

これはきっと吉兆に違いなし!
と気を良くしたマスターなのでした(^^)

今年が皆様にとって恵みと実りの大きい一年となりますように!

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

今年も仲秋の満月が巡って来ました。
とりわけ今回のフルムーンは地球との距離が
最も近いとかで、
例年に比べてサイズにして14%、
光量においては30%も増幅して見えるらしい。
そんなわけで、世間では「スーパームーン」と称して
そのスペシャルなタイミングを特別視する向きもあるようです。

太古の昔より、我らの祖先も月を眺めながら
物思いに耽ったことでしょう。
時代を超えて巡る月に
ある者は溜め息を、励みを、願いを、祈りを、
それぞれの想いを投影してきたことでしょう。

貧しい国の空にも
賑やかな街の空にも
戦場の瓦礫の山の上にも
津波のひいた凪いだ海にも
病室の窓越しや
独り暮らしの佗しい窓にも
恋人の瞳にも
老人のまなこにも
今年の月。

いつも月は静かに美しい。

もしも今宵が晴れていたら、
刈り取りの済んだばかりの田の面に出て
冷やりとした夜気と稲わらの匂いに抱かれて
愛するあなたと過ごしたい。

新しい命を授かることほど、
神様の貴い御業(みわざ)はないと思います。
「新生」。
そのお子様が尊敬を寄せる方の子息であることで尚更に
その喜びと感慨を共有できました。
僕たちには残念ながら子供がいませんが、
新生したばかりの小さな命を
腕に抱くという貴重な体験を得させて頂き、
とても感無量でした。
お子様の名前は、「稟ちゃん」。
「天稟」の「稟」。
これからどんな天与の才能才覚を身に帯び
成長していくのでしょう。

今回のこの神聖な慶事にあたり、
マスターも何か記念になるものをと思い、
欅の一枚板に磨きをかけて
祭壇を造作し、奉献させて頂きました(*^_^*)
欅の立ち姿のように凛とした美しい佇まいの女性になって頂けたらと。
あと、僭越ながら、「稟ちゃんの子守唄」なる
オリジナル曲を作りましたので、ご披露致します(*^_^*)

(注 youtubeでのタイトル文字が「凛」となってますが、
正しくは「稟」です。謹んで訂正いたしますm(_ _)m)

(null)

一足先に観月会。
エマコーヒーとママケーキで一服(^^)

(null)

Father
And
Mother
I
Love
You

これは、以前に教えて頂いた語源のお話(*^_^*)

お父ちゃんとお母ちゃんが
アイラブユーしあって
子供が生まれる。
それがすなわち家族です。

それが、Family の語源だそうです。
(上の単語の頭文字を下に向かって読んでくださいね)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)